ボディ&ヘルス 【2016.11.02】

驚き!喫煙者の周りの人にも色素沈着!?

驚き!喫煙者の周りの人にも色素沈着!?

タバコが身体に悪いことは一般的に知られていますね。がんや心筋梗塞、糖尿病、高血圧などと関係があると言われています。タバコの煙には、4,000種類以上もの化学物質が含まれていて、そのうち、発がん性物質は、なんと60種類。また、喫煙者だけでなく、周りの人もタバコの煙で健康を害することも分かっています。


そんなタバコの煙が身体で最初に触れる部位はお口です。

今回はタバコがもたらすお口への影響についてお話をしたいと思います。


【歯肉への影響】


1.歯周病の悪化~喫煙者は気づかないうちに歯周病が悪くなりやすく、傷も治らない

ニコチンには血管を収縮させる作用があります。これにより、歯肉の血液の流れが悪くなり、酸素不足、栄養不足の状態になります。また、血液の流れが悪くなるので、外からバイ菌が入ってきてもそれに抵抗する免疫力が低下したりします。

ですので、長期間の喫煙をすると、歯ぐきに炎症を起こす歯周病になったとしても、あまり出血しない、歯肉が腫れない状態になります。バイ菌が入ってきて戦うと通常歯ぐきが腫れますが、抵抗力が弱るとバイ菌が入ってきても戦えない状態になるので結果として腫れないのです。

出血が少ないのなら良いのでは?と思いがちですが、実はその逆なのだという事が分かりますね。


歯周病の自覚症状は、「歯ぐきから出血する」「歯ぐきが腫れてくる」ということですが、そのような症状が少なくなるということは、歯周病が悪くなっても気づかない事につながります。

更に傷を治そうと組織を作ってくれる細胞(線維芽細胞(せんいがさいぼう))の働きまで抑えてしまうので、歯周病が悪化しても治りにくくなるのです。

ある統計データによると、歯周病にかかる危険は、1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなるそうです。


2.歯肉のメラニン色素沈着~喫煙者だけではありません!周りの非喫煙者も歯ぐきが黒くなります

喫煙者だけではなく、非喫煙の近くの人の歯ぐきまで、色素沈着がみられしみ込んでしまいます。これは驚きですね。色素沈着は歯ブラシではとれません。喫煙者の周りで育ったお子様にも歯肉のメラニン色素沈着が起こることがあります。それだけタバコの煙は非喫煙者にも影響を与えてしまうのです。



【歯への影響】


1.虫歯になりやすい~喫煙者は唾液がへります。唾液が減ることで汚れが蓄積しやすく、ヤニにも汚れが付きやすくなります。

タバコを吸うと、実は虫歯にもかかりやすくなります。喫煙者は非喫煙者と比べて約3倍も虫歯になりやすいとも言われています。タバコを吸うことで唾液が減ることが分かっています。唾液には口の中の汚れを綺麗にする働き、初期虫歯を石灰化して修復する働きがありますが、唾液が減ることにより、虫歯の原因の歯垢が蓄積することで虫歯になりやすいのです。


2.ヤニが付着

ヤニが歯にこびり付くと、なかなか取れず歯が汚く見えてしまいます。



【口腔癌のリスク】

粘膜に有害物質が作用し、粘膜の病気やガンを引き起こすきっかけになります。



【口臭】

タバコの独特の臭いに歯周病が加わると、ひどい悪臭を放ちます。また、唾液が減ることによりお口の中をきれいにする作用(自浄作用)が低下するので、更に口臭が悪化します。



読んでいただいておわかりのように、タバコのお口への影響は「ヤニ」だけではありません。ヤニは目に見える影響ですが、気づかないうちに虫歯、歯周病、味覚にまで影響を与えます。

喫煙されている方は身体の健康、お口の健康のために禁煙を考えてみてはいかがでしょうか。味覚も正常になって食事も美味しく感じられることでしょう。また、身近な人の健康も守ることもできます。

どうしてもやめられない方は禁煙外来を利用されるのも一つの方法だと思います。健康で楽しく生活をしていくためには、美味しく食事をとれることが大切になります。

口腔、全身の健康を守れるのはご自身であり、大切な人を守れるのはその周りにいるあなたかもしれません。

福田 裕子
中村 美喜子Mikiko Nakamura
コラム「ボディ&ヘルス」担当

<Ai Dental Clinic院長>
新潟大学歯学部卒業後、福井医科大学(現福井大学医学部)歯科口腔外科学領域入局。
福井大学医学部感覚運動医学講座歯科口腔外科学領域 助教・外来医長。
医療法人社団春風会クレールデンタルオフィス(金沢市)院長を務める。
2013年5月 Ai Dental Clinic(アイデンタルクリニック)を開院。歯科治療全般に加え、口腔外科を専門とし、患者様とのコミュニケーションを大切にした治療を心掛けている。

[ホームページ] http://www.aidental-clinic.jp/

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています