ボディ&ヘルス 【2017.01.11】

歯の詰め物、被せ物はなぜ外れるの?

歯の詰め物、被せ物はなぜ外れるの?

歯の詰め物や被せ物が外れることを、歯科では「脱離」とよんでいます。脱離は比較的多いトラブルで、経験したことがある方も多いのではないでしょうか?中には、毎回、同じ部位の詰め物が繰り返し外れるということも見受けられます。

接着剤が悪いの?歯医者の腕が悪いから外れるの?と、考えはマイナスイメージに傾くことかと思いますが、脱離の原因として考えられること、また、脱離した場合の対処についてお話をしたいと思います。



脱離の原因


①虫歯

脱離の原因で一番多いのが、「虫歯」です。意外ではないですか?一度治したのにどうして虫歯になるの、という質問をよくいただきます。詰め物や被せと歯との隙間から、あるいは接着剤が溶け出してしまった部位から新たに虫歯がすすむことがあります。また、昔の虫歯が大きかった場合など、昔の治療で虫歯が取りきれていない場合も、後々詰め物の中で虫歯が広がっていく原因になります。


【対処法】外れたものを再度接着するのではなく、きちんと虫歯の治療を行ってから新しい詰め物、被せ物を入れることをお勧めします。外れたものをもう一度付けてもらいたくなるかもしれませんが、虫歯が進行してしまうのはもちろんの事、虫歯があると接着剤の接着力が落ちるので、またすぐに外れてしまうでしょう。


②接着剤の経年的劣化、接着力の問題

詰め物・被せ物は接着剤(セメント)で歯に接着します。しかし年月が経つと、セメントが劣化し、被せが外れることがあります。また、被せや詰め物の種類によって、使用するセメントは異なりますので、歯との相性が悪いセメントを使用している場合は外れやすいこともあります。


【対処法】新しい接着剤、あるいは適切な接着剤を使い、外れたものを付け直します。


③強い咬み合せ、歯ぎしり、食いしばり



歯ぎしりや食いしばりのクセがある方は、詰め物・被せ物に過剰な力が継続して長期的に加わることで外れやすくなります。また、詰め物・被せ物そのものが割れたり欠けたりすることもあります。また、外れた詰め物や被せ物に集中して咬み合せの力がかかるような場合は、何度つけ直しても、すぐに脱離することがあります。


【対処法】部分的に噛み合わせの力が集中している場合は、脱離した物を調整して再度装着します。しかし、歯ぎしりや食いしばりが原因の場合は、夜間にマウスピースを装着するなどして、無意識の時に過剰な力がかからないようにする事もあります。



被せや詰め物が外れた際に、しみる、痛いといった症状がなく生活に支障をきたさない場合でも、できるだけ早めに歯科医院を受診しましょう。放置することで虫歯になるリスクも高くなりますし、長期的にみると、周囲の歯が動いたり、咬み合せが悪くなるといった悪影響も出てきます。

予防策として、定期検診の際にセメントが溶け出して詰め物や被せが外れかかっていないかを外れる前に診てもらうのも良いかもしれませんね。

福田 裕子
中村 美喜子Mikiko Nakamura
コラム「ボディ&ヘルス」担当

<Ai Dental Clinic院長>
新潟大学歯学部卒業後、福井医科大学(現福井大学医学部)歯科口腔外科学領域入局。
福井大学医学部感覚運動医学講座歯科口腔外科学領域 助教・外来医長。
医療法人社団春風会クレールデンタルオフィス(金沢市)院長を務める。
2013年5月 Ai Dental Clinic(アイデンタルクリニック)を開院。歯科治療全般に加え、口腔外科を専門とし、患者様とのコミュニケーションを大切にした治療を心掛けている。

[ホームページ] http://www.aidental-clinic.jp/

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています