ボディ&ヘルス 【2017.01.25】

バレンタイン2017 ネクタイをチョコに添えるとしたら?

バレンタイン2017 ネクタイをチョコに添えるとしたら?

来月はバレンタイン!

大切な人へのプレゼント選びは楽しいものですね。

チョコに添えるならば、やはり実用的なものが喜ばれるようです。


男性へのプレゼントとして、ネクタイなどのファッション小物は根強い人気があります。

活用してもらえると贈る側としては嬉しいものですが、選ぶ際はポイントを押さえておきましょう。

女性のスカーフ感覚で選ぶと華美になり、ビジネスシーンでは(職種にもよりますが)使いづらいものになるからです。


つまり、どれだけ活用してもらえるかは贈った後のことも考えた気遣いこそが決め手になります。

ネクタイ選びで迷ったときは、色・素材・デザイン(柄)の3つの要素を考慮してみましょう。



色について


ネクタイで重宝する色はネイビーとエンジです。

ビジネスシーンにおいては、色のもつメッセージ性が強くなります。

特に「青」は誠実さを表したり、人に信頼感を与えるのに最適な色です。

逆に「赤」は目を引き訴求力も強いため、ここぞという時の勝負色になります。

その点、先日アメリカ大統領を退任したばかりのバラク・オバマ氏はシーンに応じて上手く使い分けることのできるリーダーの一人でした。

色はダークなほうがフォーマル度は高くなります。



素材について


ビジネスシーンでは、季節物の麻やウールではなく「シルク」がふさわしい素材と言えます。

そもそもネクタイの役割は男性の胸元に立体感を形作ることにあり、シルクの織りネクタイは美しい光沢感と陰影が出て最適です。



デザインについて


ネクタイ売場に行くといろいろなデザインの「柄」が並んでいるため悩む方も多いかもしれません。

柄にはフォーマル度があり、前もって知っておかれることで選びやすくなるでしょう。


フォーマル度が高い順に、左からソリッド(無地)・ドット(水玉)・小紋・レジメンタル(ストライプ)・チェックとなります。

意外と持っている方が少ないのは無地のネクタイなので、ひょっとすると狙い目かもしれません。

無地は基本中の基本でありながら、他の色が入らない分コーディネート全体をすっきりまとめることができ、柄物のシャツやジャケットとも合わせやすく優秀です。

柄は細かいほうがフォーマル度が高くなります。


今回のコラムではビジネスシーンにおけるスーツスタイルに合うネクタイについてとり上げました。

休日のカジュアルなジャケパンスタイルならばニットタイや大胆な色柄も楽しんで頂けるでしょう。

贈る相手の方の職種やライフスタイルに応じて素敵な1本を選ばれて下さいね。

福田 裕子
奥村 亜紀子Akiko Okumura
コラム「ボディ&ヘルス」担当

<パーソナルカラーアナリスト・骨格診断士>
その方が生まれ持った「美」のポイントを探り、魅力的な女性として開花できるよう、「似合う」ファッションアイテムの色・デザイン・素材をトータルアドバイス。
自身が「ないものねだり」のコンプレックスで長年苦しんだ経験をもつ。骨格診断を知ったことで転機を迎え、「生まれ持ったもの」にフォーカスを当てることが健全な自己肯定感を高め、キレイへの近道につながることに気づく。
現在は、「私らしく素敵に輝きたい」と願う、福井女性を対象に診断サービスを展開。

[公式ブログ] http://ameblo.jp/kaika-blog/
[ホームページ] http://www.salon-kaika.jp/

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています