ボディ&ヘルス 【2017.07.19】

痩せてお尻が痛い人へ!1回10秒でできるお尻の鍛え方

痩せてお尻が痛い人へ!1回10秒でできるお尻の鍛え方

お尻はとても大事な場所です。

筋肉の衰えを放置して、お尻がペッちゃんこになるのだけは、放っておいてはダメです。

人生を変えたいなら まずはお尻を変えなさい


なぜなら、お尻の筋肉がおちてハリがなくなると、体が重力に抗えず姿勢が崩れはじめるからです。

そして、たいていの人はそれに気づいていません。

一旦、失ってしまったものをとり戻すには大変な時間がかかります。

お尻のお肉が痩せてしまうと長い間椅子に座っているのが辛くなる人もいます。

姿勢が悪くなり歩く力も落ちて、加齢するにつれ、旅行や遊びに出かけられなくなってしまうこともあります。

それくらい、お尻(股関節まわり)は大事な場所なのです。

そこで今回は、とくに「痩せてお尻が痛い人」のために、

数あるお尻の鍛え方から、立ちながらできる方法をお伝えします。


なんといっても身体の中心部!

ですから、ここをちゃんとやっておくと、

・血流が良くなって冷え解消

・柔軟な身体

・機敏なうごき

・美姿勢

いろいろと身体的な成果が期待できます。



【これはお尻に効きます!】

 

【方法】

 ①片方の膝に足を乗せます

 ②腰を落として10秒キープ!


【気をつけてほしいこと】

 ■背中は丸めずフラットに。股関節からキレイに折り込みましょう!

 ■股関節や膝の手術をしている人は、やらないようにしてください

 ■ふらつくようなら、しっかりしたものにつかまって練習してください


 

 膝に乗せたほうのお尻が、ほどよく伸ばされて

 気持ちいですよ。

 軸足のお尻と太ももにも効いています。


【基本中の基本!】


【方法】

 ①脚をうしろに蹴ります

 ②そのまま10秒キープ!

  これだけ!


【気をつけてほしいこと】 

 ■脚の角度は10~15度まで

  高く上げようとせず、かかとを後ろに押し蹴るような気持ちで行います

 ■腰が痛くなるようなら、腰の反りすぎです

  骨盤は動かさないように、お腹を引きしめておきましょう!

  股関節の動きだけで、脚を後ろに伸ばしましょう

 ■息を止めずにやります

  数をかぞえてもいいし、力を入れるときに息を吐いてもいいです



 回数は、お好きな数だけ♪

 自分で「これでいい!」と満足出来て、次もまたやってみようと思えることが大事です。

 筋肉がじんわりと重く熱くなってくる感じがつかめたら大成功

 
 筋肉が固くこわばっていた人であれば、

 力を入れたり抜いたりする「収縮-弛緩」を繰り返すことで、

 柔軟性も増して体が柔らかくなります



どうして止めるの?


ポーズとして止めておくことで、日ごろ、暮らしの中ではなかなか実感できない

お尻の筋肉を「あ~!これか!」と実感することができるからです。


「無い」ものは使えない
のです!!

そこに「ある」と気づけることがとても大事です。


筋肉のはたらきに注意を向けると、その部位の筋活動が上ることが分かっています。

シンプルながら効果的なのです。


まずはよく見て、フォームを正しく。そして(筋肉を)触って、体を感じて

力を入れてくださいね。あわてなくても大丈夫。


10秒キープすることで、眠っていた筋肉と神経細胞が目を覚まします

自分のお尻に意識を向けることからはじめてみましょう!



参考(過去のコラムもあります):
痩せていて、椅子に座るとお尻がすぐに痛くなります。どこを鍛えるといいでしょうか?

http://alica-fukui.com/Column/BodyDetail.php?41

福田 裕子
福田 裕子Yuko Fukuda
コラム「ボディ&ヘルス」担当

<理学療法士。働くひとの健康支援 Soleil スタジオ ユウ代表> 
京都大学医療技術短期大学部理学療法学科・放送大学教養学部発達と教育専攻卒。
24年間でのべ7万人以上の中高年の介護予防運動やリハビリを指導。
2007年 フリーランスとなり介護予防事業に従事。リハビリにも使われる運動療法を運動が苦手な人むけにシンプルにアレンジした運動学習ドリル10秒ポーズを考案。
2014年 企業むけ研修を本格的に開始。腰痛予防体操などを通じ「自分のからだは自分で守る」自己管理意識を高め、企業の健康風土づくりを支援。「痛みが楽になる、体が軽くなる、温かくなる、指導がわかりやすい」と定評がある。高齢者リハビリテーションの経験から、齢をとるとみじめだという意識を変え「この体で生きてきてよかった」と人生最後の時に感謝できるような社会づくりを目指している。

[公式ブログ] http://fukui-yukorin.com/
[ホームページ] http://studio-yu.com/

« 記事一覧へもどる
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています