ボディ&ヘルス 【2017.08.23】

痛くない靴との出会いは自分の足のタイプを知ることから始まる

痛くない靴との出会いは自分の足のタイプを知ることから始まる

どんなに素敵な靴でも足に合わなければ苦痛やトラブルの原因になります。

普段、あなたは何に気をつけながら靴を選ばれているでしょうか?

今月から3回にわたり、誰でもご自分でチェックして頂けるポイントをご紹介させて頂きます。


第1回

【自分の「足のタイプ」を知ろう!】


まず、自分はどの足指が一番長いのか確認してみましょう。


足の形には、大きく分けて次の3つのタイプがあります。

・親指が一番長く、小指にかけて短くなっていく「エジプト型」

・人さし指が一番長く、山のような足の形をした「ギリシャ型」

・親指と人さし指(中指)がほとんど同じ長さの「スクエア型」


あなたはどのタイプでしたか?

足のタイプがわかれば靴との相性もある程度わかるようになります。

靴のトゥ(つま先)には様々なタイプや形状がありますので、歩くときに足の指が曲がる位置から靴先にかけての相性を見定めるようにしましょう。

エジプト型と相性が良いのは?

親指が一番長いという点を念頭に置いて靴を選ばれるとよいでしょう。

したがって親指を頂点に緩やかに傾斜していくオブリークトゥ、丸みのあるラウンドトゥの中でも親指側に余裕があるもの、尖り気味なポインテッドトゥの中でも靴先の軸が親指側に傾いたものを選ばれると歩きやすいです。

イメージするのが難しい場合は、よく履く靴とそうでない靴を裏から見比べてみられることで一目瞭然になりますよ。


ギリシャ型と相性が良いのは?

一番長い人さし指にかかる負荷を減らす靴を選ばれるとよいでしょう。

具体的には、人さし指~中指部分が一番長くなるアーモンドトゥやラウンドトゥ、あるいはポインテッドトゥの中でも靴先が中央からあまり傾いていない(エジプト型向きよりは対称性が高い)ものなど。

そうすれば靴の中で人さし指が大きく曲がるのを防ぐことができます。


スクエア型と相性が良いのは?

つま先の幅に余裕がある、足にやさしい靴を選ばれるとよいでしょう。

例えば、アーモンドトゥやポインテッドトゥのような先細りの靴は靴ずれが起きやすく不向きです。

そのため普段はスニーカーを履かれることが多いかもしれませんが、つま先が四角く平らなスクエアトゥや足幅に合うラウンドトゥから探せばヒールにも挑戦できますよ。


このように、あらかじめ足のタイプがわかっていれば闇雲に試着を繰り返す必要もありません。

次回からは、いよいよ試着段階でチェックして頂ける項目に移ります。

どうぞ、お楽しみに。

福田 裕子
奥村 亜紀子Akiko Okumura
コラム「ボディ&ヘルス」担当

<パーソナルカラーアナリスト・骨格診断士>
その方が生まれ持った「美」のポイントを探り、魅力的な女性として開花できるよう、「似合う」ファッションアイテムの色・デザイン・素材をトータルアドバイス。
自身が「ないものねだり」のコンプレックスで長年苦しんだ経験をもつ。骨格診断を知ったことで転機を迎え、「生まれ持ったもの」にフォーカスを当てることが健全な自己肯定感を高め、キレイへの近道につながることに気づく。
現在は、「私らしく素敵に輝きたい」と願う、福井女性を対象に診断サービスを展開。

[公式ブログ] http://ameblo.jp/kaika-blog/
[ホームページ] http://www.salon-kaika.jp/

« 記事一覧へもどる
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています