キャリア&スキル 【2016.11.11】

11月~手紙の基本 こんな時どうする?

11月~手紙の基本 こんな時どうする?

携帯電話やパソコンなどでメールを利用することが多くなった昨今、手紙を書くことも随分と少なくなりました。

そんな中、先日、友人から手紙が届きました。

学生時代から変わっていない彼女の書体からは、彼女のぬくもりや彼女のかわいい笑顔が思い浮かびました。

手数がかかっていると思うと、とても嬉しく、何度も読み返してしまいました。

彼女からの手紙は私の宝物になりそうです。

さっそく彼女に返事を書こうと思います。


今月は手紙を書く際のこんな時どうする?をお伝えします。


◆筆記用具は何を使うべき?

一般的な手紙の場合は万年筆や筆ペンがふさわしいですが、慣れていない場合は黒のサインペンか水性ボールペン。インクの色は黒かブルーブラックで、青色は避けた方がいいでしょう。



◆便箋は1枚だけでは失礼?

手紙の最後は便箋の中央辺りに、相手の名前を入れ締めくくるのがよしとされています。ところが、便箋1枚の場合だと、相手の名前が左端に来てしまいます。その場合、何度も行を変えて書き、自然に2枚目までながれるようにしていくと、真ん中に相手の名前を書き終える事が出来ます。

1枚で終わってしまった場合は白紙を添えてという、ルールが浸透している様ですが、これには特別な根拠はないらしくので、1枚だけでもかまいません。

(私自身は1枚では寂しいので、何とか内容を引っ張り2枚になる様にしています)



◆修正液は使っていいの?

親しい間柄なら、使っても良いです。二重線で消すよりは綺麗に仕上がります。しかし、相手が目上の人の場合は、二重線も修正液も見苦しいものです。

後で後悔するよりも、思い切って書き直した方がいいですね。



◆封筒の封印には「〆」が必要?

公式な手紙には「締」「封」を書きますが、私的な手紙の場合は「〆」でよいです。テープやホチキスは失礼になるのでやめましょう。



◆ワード印刷でもいいの?

最近は年賀状、招待状などにワープロを利用する人も多くなりました。ワープロの文字は読みやすく受け取った相手も、スムーズに読める利点があります。

ただし、事務的な印象を与えてるため、頼み事や、お詫び、お祝いなど、差出人の気持ちを伝える手紙には適しませんので、これらは手書きにしましょう。

ワープロで手紙を書く際でも、後付けに記する自分の名前や宛名は手書きにしたいものですね。

ハガキに印刷物を利用する場合は、せめて一言相手へのメッセージを手書きで書き添えるなどの心遣いは忘れないで下さい。



手紙は相手の方への想いを、広く、深く、正確に伝える事ができ、貰った人を幸せにする力があります。


今日は、愛おしい人に手書きの手紙を書いてみませんか?受け取ったお相手の方に、幸せな気持ちが押し寄せてくるはずです。手書きの力も、最大の武器ですね。

福田 裕子
桝谷 真澄Masumi Masuya
コラム「キャリア&スキル」担当

<マナーコンサルタント/マナーコンサルティングことは理マナーアドバイザー>
福井の研修会社にてビジネスマナー・ジュニアマナーの実績を積み、講師として活躍。同時に心理カウンセラー1級の資格を取得。
2011年、マナーコンサルタントを主軸とした「ことは理」を立ち上げる。
行政や学校、医療法人をはじめ福井県立恐竜博物館等での接遇研修は「堅苦しくなく研修が楽しい」との評価を得ている。
「マナーはよい人間関係を築く第一歩。楽しく学んでほしい」と、現在はおもてなしマナーや親子で学べるキッズマナーなど、積極的に活動している。
夫、21歳・17歳の娘と4人暮らし。


[公式ブログ] http://kotohari.biz/weblog/
[ホームページ] http://kotohari.biz/

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています