キャリア&スキル 【2016.11.18】

日本語と英語の大きな違い~英語独特のリズム感や語順感覚を試してみよう!

日本語と英語の大きな違い~英語独特のリズム感や語順感覚を試してみよう!

Hello, everyone!! How are you doing today?
こんにちは、みなさん!わくわくEnglish!英会話講師の倉内麻衣です♪


11月にはいり、急に冷え込む日が増えてきましたね。体調はいかがでしょうか?
私は先月、常夏のフィリピンに行ってきたのですが、外は暑くても室内や車の冷房が効きすぎていて、かなり久しぶりに風邪をひいてしまいました。



さて、英語習得の大きなポイントのひとつとして、英語の音のリズム感や語順感覚の大切さについてお伝えしたことがあります。
>>「英語は頭のいい人が得意な暗記科目?英語を自然に身につけるには○○が大事


今この記事をご覧のみなさまは、実際に英語のリズム感をつかめているでしょうか?



試しに、次の日本語の意味になるように英単語の並び替えをしてみましょう!
(もちろん、英語レベル中級以上の方は簡単な問題だと思いますが...)


日本語:私は母に迎えにきてもらえるよう頼みました。
I / me / my mother / pick / asked / up / to / .


いかがでしょうか?文全体の正解は最後に書くとして・・・
ここでは、英語の語順感覚が必要になりますが、まずは意味のまとまりごとに考えてみましょう。


私は頼みました ⇒ I asked
私は母に頼みました ⇒ I asked my mother


この時点で、日本語の語順とは大きく異なることにお気づきかと思います。
英語では、「だれが」「どうした」という情報を先に述べてから、情報を追加していくのですね。


では、次の意味のまとまりを作っていきましょう。


迎えにくる(いく) ⇒ pick up
迎えにきてもらえるように ⇒ to pick up


さて、ここで、「me」をどこにいれようか...と迷う人も多いかもしれませんね。
迎えにきてもらうのは話し手の「I」なので、「私を迎えにきてもらう」ということになります。
そうすると、「pick up」のあとに「me」を付け加えればいいのか!と思いますよね?



いえいえ、そこがまた英語のリズム感や語順感覚の大きなポイントとなります。
実は、「pick up」のあとに「me」ではなく、「pick」と「 up」の間に「me」を入れるのです!つまり、「pick me up」となるわけですね!


ということで、文全体の正解は次のようになります。


私は母に迎えにきてもらえるよう頼みました
⇒ I asked my mother to pick me up.


いかがでしたか?正解できたでしょうか?今回まちがったとしても全然問題ありません!
これから感覚をつかんでいけばいいのですから♪リズムよく何度も声に出して自然に身につけていきましょう!


わくわくEnglish!のレッスンでは、英語らしいリズム感のある発音練習も楽しく行っていますよ~♪
英語は勉強じゃありません!とにかく楽しく!Let's enjoy English together!!

福田 裕子
倉内 麻衣Mai Kurauchi
コラム「キャリア&スキル」担当

<ビジネス英語のプライベートレッスンBizgo代表 兼 講師、星槎国際高等学校 英語講師>
福井生まれの福井育ち。福井大学 言語教育コース(英語教育専攻)を卒業後、福井に本社、全国に支社を置く一般企業に約5年勤めるが、「こどもの教育に携わりたい」という強い想いで、星槎国際高等学校の教諭として転職。
30歳を目前に、さらなる英語力と経験値アップのため、ワーキングホリデーにてオーストラリアへひとり飛び立つ。
一旦帰国後、さまざまな分野の仕事を多数かけもちしつつ、オーストラリアと日本の往復生活を数年過ごす。
その後、星槎国際高等学校の英語講師として復職。現在は、ビジネス英語のプライベートレッスン「Bizgo(ビズゴ)」として個人事業を展開し、主に大人向けの英会話個人レッスンのほか、企業や団体への出張レッスン、中高生の家庭教師などを行っている。
レッスンでは「英語は難しい勉強ではなく楽しく!」がモットー。毎回内容や趣向を変えた授業やレッスンで、生徒や受講生からは好評を得ている。


« 記事一覧へもどる
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています