キャリア&スキル 【2017.01.13】

おもてなし~来客のお見送り~

おもてなし~来客のお見送り~

あけまして、おめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



あなたは、お客様を最後まで丁寧にお見送りできていますか?

お客様がお越しになって、有意義な時間をすごしていただいても、最後のお見送りが雑だと、自分の評価はもちろん、会社のイメージまでも下がってしまいす。

2017年の1月は、お客様のお見送りのマナーとポイントをお伝えします。


お見送りには、それぞれの社内のルールやお客様との関係性にもよりますが、

エレベーターホールまでお見送り
玄関先までお見送り

の2つのパターンがほとんどです。



◆エレベーターホールまでお見送りの場合


エレベーターホールまでご案内をしたら、ボタンを押します。

エレベーターがl到着しドアが開いたら、しっかりドアを押さえ、お客様に乗り込んでいただき、下りる階のボタンを押してさしあげます。

お客様がこちらを向いたところで、「ありがとうございました」と丁寧にお辞儀をし、ドアが完全に閉まり動き出すまでお辞儀をしてお見送りします。



◆玄関先までお見送りの場合


玄関の外までお客様と一緒に出て、玄関の外で「ありがとうございました」と丁寧にお辞儀をします。

お客様が見えなくなるまでお見送りします。



その他、車やタクシーなどのお見送りは斜め後ろでと言われていますが、車に乗っているお客様が、後ろに立っている人へ挨拶をするのは難しいものです。

お客様の事を考えて、お顔が見える窓から少し距離を置いた所からお見送りするのが良いでしょう。



☆お見送りのポイント


よくお見かけするのは、お客様を見送った直後、近くの人と会話をしたり、よそ見をしたり、駆け足で戻ってしまう事です。

いけない訳ではありませんが、気を抜いた瞬間というのは意外とみられているものです。

見送られる側としては、あまり気持ちの良いものではありませんね。

来客時のお見送りは丁寧に心を込めて・・・を意識しましょう。

お見送りまでがおもてなしの仕上げです。



福田 裕子
桝谷 真澄Masumi Masuya
コラム「キャリア&スキル」担当

<マナーコンサルタント/マナーコンサルティングことは理マナーアドバイザー>
福井の研修会社にてビジネスマナー・ジュニアマナーの実績を積み、講師として活躍。同時に心理カウンセラー1級の資格を取得。
2011年、マナーコンサルタントを主軸とした「ことは理」を立ち上げる。
行政や学校、医療法人をはじめ福井県立恐竜博物館等での接遇研修は「堅苦しくなく研修が楽しい」との評価を得ている。
「マナーはよい人間関係を築く第一歩。楽しく学んでほしい」と、現在はおもてなしマナーや親子で学べるキッズマナーなど、積極的に活動している。
夫、2人の娘と4人暮らし。


[公式ブログ] http://kotohari.biz/weblog/
[ホームページ] http://kotohari.biz/

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています