キャリア&スキル 【2017.03.10】

3月~祝儀袋・不祝儀袋のマナー~

3月~祝儀袋・不祝儀袋のマナー~

表書きや中袋の書き方、お金の入れ方など、決まり事が多い祝儀袋や不祝儀袋。

若い頃なら知らないでも済まされたかもしれないマナーですが、30代、40代で間違えば「非常識人」になってしまいます。

今月は祝儀袋・不祝儀袋の書き方について、簡単にお伝えします。



★表書きは「4文字」にならないように工夫して


例えば「御出産祝」や「御入学祝」と書くと4文字になります。

4文字は「死文字」とされていて縁起が悪いと気にする方もいらっしゃいます。

これを避けたい時は「祝 御出産」「御入学 御祝」など、「祝」と「御出産」の間を空けたり5文字に増やしたり、工夫をされるとよいでしょう。



★祝儀袋や不祝儀袋の中袋を活用しましょう


上包みには、表書きと裏に氏名以外は書かないのが正式とされています。

金額や氏名、住所は中袋に記入し、金額の数字は旧字体で書きます。



★お札は表向きに


慶事の時にお札の向きは表側にというのはご存知の方も多いと思いますが、実は、弔事の際も表向きで問題はありません。

ただ、まだ地域によって風習も様々ですので「郷に入っては郷に従え」で、そこでの習慣に合わせるとよいですね。



★ご祝儀に2万円でも大丈夫


ご祝儀に新札の1万円を2枚入れて縁起が悪い(割れる=別れる)と聞きますが、1ペアになるので問題ないとも言われています。

しかし、どうしても気になるようであれば1万円札と5千円札2枚の合わせて3枚を入れるとよいでしょう。



★不祝儀袋は薄い墨で


慶事では濃い墨で、弔事は薄い墨で書くのがよいとされています。

「涙で墨が薄くなった」「墨をする間もなく駆けつけた」という意味があります。

今はそれほど気にする必要が無くなったようですが、薄い墨を使うことで相手への気遣いが感じられます。




気持ちを表すしきたりが、祝儀袋や不祝儀袋に受け継がれています。

いざという時に慌てない様に、今一度おさらいしてみてはいかがでしょうか。






福田 裕子
桝谷 真澄Masumi Masuya
コラム「キャリア&スキル」担当

<マナーコンサルタント/マナーコンサルティングことは理マナーアドバイザー>
福井の研修会社にてビジネスマナー・ジュニアマナーの実績を積み、講師として活躍。同時に心理カウンセラー1級の資格を取得。
2011年、マナーコンサルタントを主軸とした「ことは理」を立ち上げる。
行政や学校、医療法人をはじめ福井県立恐竜博物館等での接遇研修は「堅苦しくなく研修が楽しい」との評価を得ている。
「マナーはよい人間関係を築く第一歩。楽しく学んでほしい」と、現在はおもてなしマナーや親子で学べるキッズマナーなど、積極的に活動している。
夫、2人の娘と4人暮らし。


[公式ブログ] http://kotohari.biz/weblog/
[ホームページ] http://kotohari.biz/

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています