キャリア&スキル 【2017.04.28】

困ったなぁ~は運気上昇の証!

困ったなぁ~は運気上昇の証!

ブライダルアイテム専門です。

春なので、なかなかの繁忙期の日々を過ごしております。


数年かけて戦略を練り、仕組みを変えてきた結果が実ったおかげで、今年冒頭より急激に注文数が増加しました。
嬉しい悲鳴といいたいところですが、注文が増えると比例して増えるのが「新しい課題」です。

想定外のクレームや、想定外の横柄な注文内容などなど。
予想もしていなかった新しい課題ばかりが浮き彫りになりました。

まさに「困った…」の日々。


こんな時、皆様ならどう思いますか?

また、どう感じてどんな言葉を発し、どんな行動を起こしますか?


つい...お客様の悪口をいってしまう方もいらっしゃるでしょう
つい...こんなこと、もうやってらんない!と投げ出してしまう方もいらっしゃるでしょう

私もつい不平不満を口にしてしまったりと、振り返れば反省ばかり。


しかし、ふと『ラッキーだ!!』とも思いました(いえ、思い込みました)
今年早々からいただいた新しい課題のおかげで、先を見据えた仕組みに修正していけばいいのだから、春のブライダルシーズンにも秋のブライダルシーズンにも間に合うじゃないか!と。


皆様もよく耳にする言葉なんかでいうと


ピンチはチャンス


普段何気なく生活をしていても、時に突然「ピンチ」に陥ることってありますよね。
ピンチというのは大概何らかの「自分のミス」で起こることがほとんどです。

私の場合も、曖昧な表現やツメが甘かったという浮き彫りになった「ピンチ=課題」は自分で作ったものでした。


そこで、こう考えました
大切な事は、起きてしまったことを悔み落ち込み逃げるのではなく、「そこから何を学ぶか」「同じことを繰り返さないために何ができるか」と、思考をいかに早く切り替えるかがチャンスに繋がるんじゃないかと!


また私の好きな言葉に『苦難は幸福の門』という言葉がございます。

「孟子の教えでは、苦難は 天からの試練である。堪え忍んで努力すればよい結果が来ると考えた。」

調べたらこんな風に書かれておりました。

苦難だと思うことは、実は天からの頂きもの。ありがたいですよね!

「困ったなぁ・・・」こんな事が起きてしまった場合「あっ!何かチャンスがやってきた!キターーーーー!」

と思考を切り替えてみてはいかがでしょう?




実は今年に入り、3ヶ月「困ったなぁ」の連続でございました。

その都度「よっしゃ!試されてる!きっと今からまだまだ発展するんだ!」と、同じ問題が起きないように、通常の仕事かたわらで『仕組み見直し』に翻弄しました。


その結果、4月。当初3ヶ月よりも注文は増えているのですが、仕事に余裕が出てきたのです。
流れがよくなってきたんですね!


『困ったなぁ~』そんな事が舞い込んだら、まずは喜んでみましょう♪きっと楽しくなるかもしれません。

ただ...そんな事を言いながらも、私もなかなか思考のチェンジが出来なかった時もあり、まだまだ修行がたりません。

福田 裕子
市橋 友見Tomomi Ichihashi
コラム「キャリア&スキル」担当

<ブライダルアイテム販売 uplan (ユープラン) 代表>
2001年結婚を機にIT・印刷・WEB関連会社を退職。子育てをしながら在宅ワーク(SOHO)にてブライダル関連の印刷物作製作を開始。2008年1月ブライダル会社uplanを設立。同9月ブライダルショップをOPENする。
グラフィックデザイナーとして19年の経験を生かし、自らが企画デザインしているオリジナル商品にて展開。2013年度には「和装婚」を意識した自社ブランド「和美WABI」を立ち上げ、現在は県内だけでなく全国からのオファーも増えている。
私生活では1男1女の母。経営者でもある夫は、全国を飛び回る漆器会社2代目。仕事は完璧主義だが、実は自由人なクリエイター。

[公式ブログ] http://www.uplan.biz/blog/
[ホームページ] http://www.uplan.biz/

« 記事一覧へもどる
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています