キャリア&スキル 【2017.05.19】

日本語の「おつかれさま」を英語でどう表現する?ふたつの大きな意味!

日本語の「おつかれさま」を英語でどう表現する?ふたつの大きな意味!

Hello, everyone!! How are you doing today?
こんにちは、みなさん!「Bizgo」代表 英会話講師の倉内麻衣です♪

5月のゴールデンウィーク以降、お疲れモードになってはいませんか?
特に新入生や新社会人、または転勤・転職など、4月からの新しい環境に慣れずに五月病になるケースも多いようです。


ところで、元気があってもなくても、日常の大事なコミュニケーションのひとつとして欠かせないことが「あいさつ」ですね。

日本では、学校でも職場でも、日常あいさつのひとつとして「おつかれさま」ということばがありますが、これを英語で表現するには?という質問をよく受けます。この記事を読んでいるあなたも気になりませんか?


実は、日本語の「おつかれさま」を直訳できる英語表現はありません
日本語の「おつかれさま」には実にいろんな意味が含まれていて、いろんな場面で使われていることにお気づきでしょうか?



そこでまずは、日本語の「おつかれさま」について、大きなふたつの意味を再確認してみましょう。


ひつとめの意味は「単なるあいさつとして相手にかけることば」。
ふたつめの意味は「仕事や行為について相手をねぎらうことば」。



では、ひとつめの意味、あいさつとしての「おつかれさま」を英語で表現するために、場面ごとに考えてみましょう。


出会ったときのあいさつなら、単に「Hello.」となります。そのあとに相手の名前をつけて言うと良いでしょう。さらに「How are you?(調子はどうですか?)」と付け加えると、相手を気遣う「おつかれさま」により近くなりますよ。


仕事の帰り際などのあいさつなら、「Have a good night!(良い夜を!)」などのように言うことができます。これは、相手がこれから過ごす時間について気遣いを伝える表現になりますね。
または「See you tomorrow!(また明日!)」のようなあいさつ表現に置き換えることもできます。



次にふたつめの意味、相手の仕事や行為に対するねぎらいとしての「おつかれさま」を表現してみましょう。


仕事などの結果について褒めるような場面なら、「Good job!(よくやったね!)」や「Great presentation!(いいプレゼンだったよ!)」などのように言えます。


上司から部下へ、または同僚や友人などに仕事の依頼や何か頼みごとをしたような場面なら、「Thank you!(ありがとう)」と感謝のことばで表現することもできます。


または、文字通り大変だった仕事に対してねぎらう場面なら、「You must be tired.(疲れたに違いないね。)」のように言うこともできますよ。



いかがですか?
日本語の「おつかれさま」は、本当にいろんな意味が込められた、とても便利な言葉ですが、日本語特有のあいまいな表現とも言えます。

本当に伝えたいことを的確に表現できるようになると、日本語でも英語でもコミュニケーションがさらに円滑になり会話がもっと楽しくなることでしょう!


英語は勉強じゃありません!とにかく楽しく!Let's enjoy English together!!

福田 裕子
倉内 麻衣Mai Kurauchi
コラム「キャリア&スキル」担当

<わくわくEnglish!英会話講師、星槎国際高等学校 非常勤講師>
福井生まれの福井育ち。福井大学 言語教育コース(英語教育専攻)を卒業後、福井に本社、全国に支社を置く一般企業に就職し、5年後「こどもの教育に携わりたい」という想いがあり、星槎国際高等学校の教諭として転職。
30歳を目前に、ワーキングホリデーにてオーストラリアへひとり飛び立つ。
帰国後、仕事を多数かけもちしつつ、オーストラリアと日本の往復生活を数年過ごす。
現在は星槎国際高等学校の非常勤講師として復職。主に英語を担当するほか、「わくわくEnglish!」英会話講師、家庭教師、英会話個人レッスンなどを行っている。
レッスンでは「英語は難しい勉強ではなく楽しく!」がモットー。毎回内容や趣向を変えた授業やレッスンで、生徒や受講生からは好評を得ている。

« 記事一覧へもどる
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています