キャリア&スキル 【2017.06.02】

ジューンブライド 花嫁の立ち居振る舞い

ジューンブライド 花嫁の立ち居振る舞い

バラの美しい季節ですね。

本当に梅雨までの初夏って、お花が沢山咲いて、緑も風にそよがれて美しい季節ですね。

皆様、お元気でいらっしゃいましたか?

こんにちは、立ち居振る舞い講師の八代祐理子です。


この六月は、お花や緑が美しいだけではなく、ジューンブライドで結婚式を挙げられる方、招かれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

先日も、挙式の為のレッスンを受けて下さったカップルがいらっしゃいました。

その方は、既にドレスがお手元にお持ちでしたので、実際ドレスをお召しになってのレッスンでした。

(ドレスをお持ちでなくても、パニエをご用意してございますので、そちらを着用されてのレッスンも致しております)

初々しく瑞々しく、希望に満ち溢れていて、とても素敵でした。


普段ロングドレスなどをお召しになる機会がある方は大丈夫ですが、やはりドレス着用で歩くことは、普通の方ですとなかなか難しいものがございます。

ウエディングドレスだけでなく、イブニングドレスなどのロングドレスをお召しのときは、見苦しくない程度に、上手に足の甲を使って、ちょっと蹴り歩くような意識をもたれると、前のすそを踏むことなく歩くことが出来ます。

「少し蹴ってみてください」とアドバイス致しますと、本当にボールを蹴るように歩かれる方がいらっしゃるのですが、大げさにやってしまいますと、ちょっと横柄な印象にもなりかねません。

ポイントは、甲を使い、そっと足でドレスを送るような意識を持たれると美しいです。




お二人でお辞儀をされる時も、角度やタイミングなど、事前に息を合わせて練習をされますと、お式の時には息ぴったりで、ほほえましく、安心感を覚えます。

ですので、カウントをとってお辞儀の調子合わせの練習をされると宜しいかと思います。


挙式されるお二人だけではなく、お二人を守り導かれたご家族や、参列して下さる方々の為にも

素晴らしい晴れ姿をご披露して下さいませ。

素敵な結婚式となりますように。

お幸せに!

 

 

 

 

福田 裕子
八代 祐理子Yuriko Yatusiro
コラム「キャリア&スキル」担当

<立ち居振る舞い/マナー講師>
女将であった祖母、働く女性達の姿、また良妻賢母である母の姿、バレエなどの美しい先生や先輩の姿など、女性の多面的な魅力を肌で学びながら育つ。
幼少よりクラシックバレエ、ピアノ、茶道華道、フラワーアレンジメント、テーブルアレンジメントなど学び、ブリザードフラワー講師資格を取得。
英文科卒業後、テレビ局に勤務。退職後、留学を経験。その後結婚し2児の母となる。
2011年マナー講師、立ち居振る舞い講師資格取得。2013年テーブルマナー講師資格取得。
自分を愛するように、隣人を愛する人、知性と品性が磨かれた美しい人を目標に掲げ、個人の魅力を引き出していく講座は、堅苦しくなく むしろ解放感を味わえる楽しいレッスンと評判。


[公式ブログ] http://ameblo.jp/yuriko-grace

« 記事一覧へもどる
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています