キャリア&スキル 【2018.01.05】

明けましておめでとうございます。今年は戊戌

明けましておめでとうございます。今年は戊戌

謹んで新春のお慶びを申し上げます。


立ち居振る舞い講師の八代祐理子でございます。

本年も宜しくお願い申し上げます。


元旦は、ご家族とのご挨拶とともに、お雑煮を頂いたり、お節を召し上がられて、晴れやかに清々しく、祈りと希望を持ってお迎えになられたと存じます。

ご友人との再会とお交わりに、豊かで、絆の深まる時をお持ちになった方もいらっしゃるでしょう。



マナーの「冠」(人生の節目に行う儀式)と「十干十二支」とは深い関わりがあるのですが、今年は「十干十二支」でいうと「戊戌」(つちのえ いぬ/ぼじゅつ)です。

「戊」は「茂」の意で、植物の成長が絶頂期の状態。

「戌」は、「滅」の意で、草木が枯れる状態です。

「成長」と「枯れる」が一緒ということは、「押し」と「引き」が同時になされるということ。

日ごろから思っていたのですが、物事を上手に推し進めることができる方は、「押し」「引き」を同時にされますよね。

例えば、「好きだ好きだ」とガンガン押し続けられると、抵抗したくなります。

また、「あなたが好きになってくれるまで待つ」と、消極的な態度ばかり取られても、一向に進みません。


「好きだ好きだ」と押し続けながらも、相手を尊重して自分の我を張らず引く方には、心が動かされるものです。

立ち居振る舞いやマナーにも同じことが言えます。

強弱を同時に、静と動を同時に。

そうすると、なんとも美しいのです。


つまり、情熱的に能動的に、同時に冷静に天命を待つ気持ちで。

自分にも人にも良いことを同時にする。

これを心に留めて過ごしたい一年です。

先ずスタートは、情熱的な志からですね。


皆様にとって、恵多き一年となりますように。


八代 祐理子 拝


福田 裕子
八代 祐理子Yuriko Yatusiro
コラム「キャリア&スキル」担当

<立ち居振る舞い/マナー講師>
女将であった祖母、働く女性達の姿、また良妻賢母である母の姿、バレエなどの美しい先生や先輩の姿など、女性の多面的な魅力を肌で学びながら育つ。
幼少よりクラシックバレエ、ピアノ、茶道華道、フラワーアレンジメント、テーブルアレンジメントなど学び、ブリザードフラワー講師資格を取得。
英文科卒業後、テレビ局に勤務。退職後、留学を経験。その後結婚し2児の母となる。
2011年マナー講師、立ち居振る舞い講師資格取得。2013年テーブルマナー講師資格取得。
自分を愛するように、隣人を愛する人、知性と品性が磨かれた美しい人を目標に掲げ、個人の魅力を引き出していく講座は、堅苦しくなく むしろ解放感を味わえる楽しいレッスンと評判。


[公式ブログ] http://ameblo.jp/yuriko-grace

« 記事一覧へもどる
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています