キャリア&スキル 【2015.02.27】

節目の春、決断の春! 

節目の春、決断の春! 

春がそこまで来ています。
卒業・入学。進級・昇格。などなど人生の節目を迎える方も大勢いらっしゃると思います。

何かと色んな事が動き始める「春」

今、私の近くには大きな目標に向かい、人生の春に向かい、走り始めた女性がいます。

コツコツと目標に向かい努力を惜しまず、色んな方からの助言を素直に聞き入れ、実践している彼女。「私はやると決めたらやるんだ」

頑張り続けているのは、いつの日か…と思っている「自分の教室設立」のためです。

私はそんな彼女をこの1年ずっと見てきました。

やると決めた事は確かにやっています。

それをさらに心の中だけでなく、言葉にするとその想いは具現化されてきます。

どんどん思いを話せばいいよ。そう言って私は彼女の思い・考え・夢をずっと聞いてきました。

「さぁ、それをいつやるの?教室を開始するのはいつ?」という問いを投げかけてみました。
「今じゃない。3年以内でいいかなと思ってる」という答え。

その3年以内と答えるのには、彼女なりの理由があるようでした。

ここでちょっと、私の話を少しさせてください。
*************************************************************

「会社を立ち上げようと思う」私が初めて「会社つくろうかな?」を言葉にしたのは2007年の元旦。
お正月早々に主人に告白。
実は数年間とか暖めてきた自分の思いではなく、たまたま、その正月の朝に思ったことでした。
そして「やれると思うならやればいい」と即答の主人(今思うと、これもありえないのですが…)

「UPLANユープラン」という社名は、その日に主人が命名したものなのです。

正月が明け、間もなくして私は何をしたか?

<www.uplan.biz>

そうです。会社登録もされていない時点でドメインを取得。

当時1歳になったばかりの長男がおりましたので、1年間は準備期間と決めました。

そして育児の合間をぬって、WEB制作を進めたのです。


次にしたことは、2008年元旦の会社設立に向けて、タイムスケジュールと事業内容、企画書を作成。
そう、言葉の次に大切なのは自分の考えを書き、まとめることです。
そうすると自ずと見えてくるのが、いつまでに何をしなくてはいけないか?

こうなるとさらに具現化され「前進」しかないのです。

迷う?そんな暇など全くないのです。

*************************************************************


何が言いたいか。「揺るがない決断をする」ということです。
決断したこと、決めたことは、まず書き出してみてほしい。

書き出さないと、それは夢物語で終わるのです。

そんな事を彼女に言いました。

そして、素直な彼女はその日に書き出し始めました。

すると、彼女の心境に変化が…一日ほんの一歩でも前に進んでいかないと「3年以内」すら危ういぞ?という事に気が付いたようです。

もちろんですが、その日を境に彼女の行動も変わりました。

自分の中の言い訳がなくなり、決断をしたのです!

2015年にも春が来ますね!節目の春だからこそ、今心の中にあること。

友人にだけ話して一歩前に出る勇気が持てずにいること。
ひとつだけ「決断」の意を込めて、書き出してみませんか?

明日からの自分の行動はきっともう前しか見ないことになると思いますよ!

ユープラン。約束どおり2008年元旦に会社設立。前だけ向いて9年目の春です!

福田 裕子
市橋 友見Tomomi Ichihashi
コラム「キャリア&スキル」担当

<ブライダルアイテム販売 uplan (ユープラン) 代表>
2001年結婚を機にIT・印刷・WEB関連会社を退職。子育てをしながら在宅ワーク(SOHO)にてブライダル関連の印刷物作製作を開始。2008年1月ブライダル会社uplanを設立。同9月ブライダルショップをOPENする。
グラフィックデザイナーとして19年の経験を生かし、自らが企画デザインしているオリジナル商品にて展開。2013年度には「和装婚」を意識した自社ブランド「和美WABI」を立ち上げ、現在は県内だけでなく全国からのオファーも増えている。
私生活では1男1女の母。経営者でもある夫は、全国を飛び回る漆器会社2代目。仕事は完璧主義だが、実は自由人なクリエイター。

[公式ブログ] http://www.uplan.biz/blog/
[ホームページ] http://www.uplan.biz/

« 記事一覧へもどる
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています