アリカルチャー 【2014.07.26】

英語を話せない…は思い込みかも!? 英語を、もっと楽しくカンタンに学べたらなぁと思ってる人必見☆

英語を話せない…は思い込みかも!? 英語を、もっと楽しくカンタンに学べたらなぁと思ってる人必見☆

こんにちは!
アリカルチャー・コラムメンバー班長の船井里江子です。

私がご紹介するのは…
- - - - - -- - - - - -- - - - - -- - - - - -- - - - - -- - - - - -- - - - - -- - - - - -
☆まじめに英語を勉強したが、いつまで経っても話せない
☆英語教材で何度も勉強したけど、話せるようにならない
☆海外の方と話したいが、勇気がなく避けてしまう.
☆辞書や携帯がないと、単語がでてこない
- - - - - -- - - - - -- - - - - -- - - - - -- - - - - -- - - - - -- - - - - -- - - - - -
そんな英語コンプレックスの方にこそオススメしたい本。

単語の丸暗記なんていらない!
『ずるいえいご』青木ゆか(日本経済新聞出版社)


楽しく読めて、3日で話せるようになる!
元・落ちこぼれ留学生の英語講師である著者がおこす英語勉強法の革命本です。

元・落ちこぼれ留学生の英語講師、現在「捨てる英語」トレーナーである青木さんは
今までの英単語を覚えるという勉強法を変え、「捨てる」ことで英語を話せるようになり、
自信を取り戻し、もっと輝くことができる!と、熱い想いを語ってくれています。
青木ゆかさんてどんな人?と思った方はこちら>>>


実は、、私も英語がスゴく苦手(^^;)
そう、単語が覚えられない。
一生懸命単語を思い出そうと必死になります。(もともと知らないことばかりだけど)
上手に話なさなきゃ!とか、正しい単語は何??とか、
そんなことにばっかり気を取られて、結局、何も話せずじまい…
でも、ほんとはそんなこと、全然大事なことじゃないんです。
何より、相手に「伝わる」ことが大切なんですよね。

えっ!うそ~!
そんな方法で英語が話せるようになるの?
ずるーーーい!!
そんな秘密のノウハウが、今回出版される「ずるいえいご」の中にぎっしりと詰まっています。
ご本人による「ずるいえいご」の書籍紹介はこちら>>>


そして…興味はあるけど、本読むのニガテ〜〜〜というそこのアナタ (・∀・) !
やっぱり体感してみないと…ですよねッ♪

初出版を記念して、そのものズバリ「出版記念セミナー」を個人主催で開催いたします!
参加される方全員に、書籍「ずるいえいご」プレゼント☆
尚、終了後に懇親会を予定しております。
青木ゆかさんの「素」の面白さを、もっと体感されたい方、ぜひご参加くださいませ。


==========================================================================
■日時:平成26年8月9日(土)18:30~20:30

■場所:アオッサ6階 研修室602(Googleマップでみる)

■参加費:お1人様3,000円(書籍込)懇親会会費4,000円

■定員30名(※定員になり次第、締め切らせていただきます)

■参加申込:イラストレーターeko 代表  船井里江子(E-Mail ugk63457@nifty.com)まで
■参加申込:もしくは、Facebookイベントページからどうぞ
■参加申込:記載必要事項(必須)①お名前 ②ご連絡先 ③メールアドレスをお忘れなく!

==========================================================================

Staff
船井 里江子Rieko Funai
コラム「アリカルチャー」担当

<イラストレーターeko代表>
ごく普通のOLをしつつイラストを描き続けていたが、平成25年12月フリーのイラストレーターとして独立。OL時代におよそ250人の経営者と知り合い、個人や企業のオリジナル・キャラクター(マイ・キャラクター=マイキャラ)の制作を始める。
船井里江子本人のマイキャラである「うさぎのジロー®」は、うさぎをモチーフにした福井で人気のキャラクター。福井県内最大手の文具店にて、ハガキやメッセージカード、クリップなどが販売されている。その他にもイラスト素材活用法セミナーの開催や、名刺の似顔絵やマイキャライラストを製作するなど活動の幅を広げている。2002年名古屋、2012年福井カフェあんのんにて個展を開催。夢は「イラストを通して、地域・社会を笑顔にする」こと。
2人の男の子の母。

[公式ブログ] http://ameblo.jp/illustrator-eko/
[ホームページ] http://www.eko-illustrator.com/

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています