おいしい時間 【2016.09.05】

【二十四節気 白露】 秋の行事と食の愉しみ

【二十四節気 白露】 秋の行事と食の愉しみ

虫の音が響いてくる季節になりました。
日中はまだ30度以上の真夏日が続いていますが、少しずつ秋の訪れを見つけている方も多いことでしょう。
 
9月6日ごろからの2週間は二十四節気で「白露(はくろ)」の時節。


「陽気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也 (暦便覧)」

日中は暑くとも朝晩の気温は下がり、草木に露が光るようになると気づく秋。
暦の上ではこれから秋の真ん中の時期に入ります。
 
今回はこの「白露」の時期に迎える日本の行事と、それにまつわる飲食に少し触れたいと思います。

白露(はくろ)


白露とは「しらつゆ」のこと。
美しく光る朝露をよそに、意外に夏の疲れや内側からの身体の冷えを感じ、体調を崩しやすくなる時期でもあります。
古来この時期に行われてきた行事と行事食には、夏の疲れをぬぐい去り体力を取り戻し、これからやってくる季節を迎えようという意味もありました。


【重用(ちょうよう)の節句 九月九日】



九月九日は五節句の一つ「重用の節句」
 
奇数(陽の数)の中で最も大きい最高の数字「九」が重なり、永久の「久」にも通ずる。
目出度さが極まる日とされてきました。
昔からこの日には、邪気を払い長命になるという中国の言い伝えから、菊の花びらを浸した「菊酒」を飲んだり、菊にちなんだ行事が行われ「菊の節句」ともいわれます。

三月三日の「桃酒」
五月五日の「菖蒲酒」
そして、九月九日の「菊酒」
厄除けや無病息災の願いを込め、植物に宿る霊力を信じつつお酒を酌み交わすことは、日本人にとって節句の楽しみの一つだったのですね。

現代では重陽の節句は少しなじみの薄いものになってしまいましたが、長寿を寿ぐ日として「敬老の日」が国民の休日と姿を変えて残っています。


【仲秋の名月 9月15日頃】



旧暦では七月、八月、九月が秋の時期とされてきました。
「仲秋(または中秋)の名月」と呼ばれる十五夜は、その三ヶ月の真ん中である八月十五日の月を指し、これは現在の暦では9月中旬の満月の日に当たります。

お月見と言えば月見団子をお供えするのが今では一般的ですが、実はこれは江戸時代以降からの風習。
この頃にちょうど採れはじめる里芋を蒸してお備えするのが、古から続いてきた風習だそうです。

また、福井ではありませんが面白い風習として

・十五夜のだんごを盗んで食べると良いことがある。

・十五夜のお供え物を盗られた家は豊作になる。

などとして、子供たちが近所を回りお供え物を失敬して歩く、という風習が残る地方もあるようです。
お団子をとっても、とられても嬉しい日。
まるで和製ハロウィンですね。

 【三九日茄子(みくにちなす)】

 

旧暦9月の行事ですが、9がつく「9日・19日・29日」の3日は、三九日(みくんち)と呼ばれ、この9のつく日に茄子を食べると中風(発熱・発汗・咳・頭痛・肩のこり・悪寒)を病まない、と言い伝えられてきました。
現在ではあまり知られていない習慣(もしかすると福井では行ってこなかったのかも)ですが、旧暦のこの頃は収穫後の骨休み、秋祭りの時期。
ちょうど旬を迎える秋ナスのほっこりとした料理とともに、ハレの料理である栗飯や赤飯・餅・団子など、地域によってさまざまな行事食を楽しんでいたようです。

忙しかった収穫にホッと一息をついて。
村人も家族もみんなで労をねぎらい食を共にし、次にやってくる冬支度に備えたのでしょうね。

 

馴染みのある行事、(福井では)あまり聞いたことがない風習、いろいろですが、ついつい忘れがちな季節の行事。
由来に因んだ行事食をいただきながら季節の移り変わりを感じることも、日々の楽しみの一つですね。

 
あ、そうそう、今年の「仲秋の名月」は9月15日
お月さんを見上げながら初秋の味覚と共に、地酒の「ひやおろし」もどうぞ(^^)
☆Alica記事 「虫の音を聞きながら 秋の夜長は「ひやおろし」で乾杯」 

福田 裕子
久保田 桐子Kiriko Kubota
コラム「おいしい時間」担当

<ふくい地産地消コーディネーター/野菜ソムリエ>
福井県立大学 経済学部卒業後、一般企業に就職するが、「食の大切さを伝えたい」との思いから退職。伝統郷土料理や地元生産者とのやり取りを学ぶ。
その後、カフェのキッチンシェフとして、開店立ち上げから飲食メニュー全般を手がける。地元食材を使っての商品開発や、ホテル、レストラン、飲食店へ福井の食材を使ったレシピを提案。『禅野菜そうす』や『海幸山幸せんべい』などを手がける。
2012年、創業100年になる鯖江の久保田酒店4代目と結婚。老舗酒店の若女将となる。
現在は野菜ソムリエ、フードコーディネータとして、執筆や講演も多数。

[公式ブログ] http://ameblo.jp/kiripaulownia/

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています