おいしい時間 【2017.10.17】

脂溶性の栄養、オイルと一緒に賢く摂ろう!

脂溶性の栄養、オイルと一緒に賢く摂ろう!

こんにちは!
朝晩冷える日が多くなってきましたが、みなさんお元気にお過ごしでしょうか?

今回は、栄養の摂り方の工夫をテーマに、オイルを活用すると良い食材をご紹介します。


● 【DAKE】だけ ●

まずはじめに・・・
”だけ” とは何でしょうか?


これは脂溶性ビタミンはなんだったかな?を簡単に思い出せるキーワードです。

身体の調子を整えるのに欠かせない栄養素「ビタミン」には、水に溶けやすい水溶性のものと、油に溶けやすい脂溶性のものがあります。

脂溶性のビタミンは油と一緒に摂ることで、身体への吸収率がUPするんです。

では、これらの脂溶性ビタミンを多く含む食品はどんなものがあるのでしょうか。


ービタミンD
魚、きくらげ・まいたけ・しいたけなど きのこ類


ービタミンA
レバー、卵、にんじん・小松菜・ほうれん草・かぼちゃなど緑黄色野菜
(にんじんやかぼちゃに含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変換されます)


ービタミンK
納豆、かぶの葉・春菊・大根葉など緑黄色野菜


ービタミンE
大豆、穀類、モロヘイヤ・かぼちゃ・ブロッコリーなど緑黄色野菜

こう見ると、緑黄色野菜が目立ちますね。
ほうれん草やモロヘイヤはお浸しで食べたり、かぼちゃは煮物にしたり、かぶの葉はお漬物にしたり、小松菜はグリーンスムージーにしたりと
油を使わずにいただくことも多いですが、仕上げにちょっとオイルをかけてあげると栄養の吸収率が上がるので、お好きなオイルを垂らしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、オリーブオイルソムリエである私のおすすめの食べ方はこちら。
『オリーブオイルで軽く焼いたり炒めたりして塩コショウで味を調える』  

簡単なうえ、お魚、きのこ、ほうれん草、かぼちゃ、ブロッコリー などいろんな食材で応用できます。
(かたい食材は予めレンジで加熱しておくと良いです)



★かぼちゃをスライス、レンジで3分加熱してからオリーブオイルで両面焼いて塩コショウ




★ブロッコリーのガ―リック炒め (仕上げにお塩)


オリーブオイルはいろんな植物油のなかでも特に酸化に強く、加熱調理に向いている油です。
「エキストラバージンオリーブオイルは加熱しちゃだめなんですよね?」
と聞かれることがありますが、
エキストラバージンオリーブオイルも問題なく加熱にお使いいただけます。

生で仕上げにかけてもよし、ドレッシングにしてもよし、加熱してもよしのオリーブオイル。
使い勝手の良いオリーブオイルは、1本持っていると便利です。


人参ジュースやスムージーにもスプーン一杯のオリーブオイルを加えるのもアリですよ!





納豆を食べる時も、お醤油と一緒に、少しオリーブオイルを足して食べてもよし。

楽しく、美味しく、元気になれる食事ができたら最高ですね!

福田 裕子
中辻 美紀Miki Nakatsuji
コラム「おいしい時間」担当

<deww代表 / オリーブオイルソムリエ>
福井県立大学経済学部卒業後、英語を習得するため、単身渡米。
ニューヨーク滞在中に、地中海(ヨーロッパ方面)の文化に興味を持ち、南イタリアにて約3か月間のホームステイ。
イタリアでの食生活にオリーブオイルがふんだんに使われていることを知り、フランス・パリのミシュラン1つ星レストラン les fables de la fontaine(ファーブル・ドゥ・ラ・フォンテーヌ)にてサービスアテンダントとして従事。
日本に戻り、2014年の夏、オリーブオイルソムリエ資格を取得。
オリーブオイルの本場といわれるスペインに渡り、地元の生産者と契約し、2015年8月、オリーブオイル専門店「deww(デュウー)」を設立。
オリーブオイルの輸入・販売のほか「感じる・判断する・楽しむ」セミナーやテイスティング会を不定期に開催している。


[公式ブログ] http://oliveoil-deww.com/blog/
[ホームページ] http://oliveoil-deww.com/

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています