GOKAN -五感- 【2017.01.14】

心新たに1年の目標を考えてみる

心新たに1年の目標を考えてみる

あけましておめでとうございます。
新たな年の始まりを皆様どのようにお過ごしでしょうか。
年末年始のお休みはあっという間に過ぎ、休み明けのぼんやりした体と気持ちを上手く切り替えることが出来ないまま仕事始めを迎えてしまったという方も多いのではないでしょうか。
そんなときにアロマの力を借りてリフレッシュ。
おすすめのエッセンシャルオイル(精油)は
・グレープフルーツ
・ベルガモット
・レモン
・ローズマリー
・ペパーミント
・ユーカリ
・レモングラス
単品でも、ブレンドでも、お好みで使い分けてください。我が家には受験生の子供がいますから、頭をスッキリ切り替えて集中力を高めてくれるローズマリーや柑橘系をよく使います。受験勉強が始まる以前の普段の生活ではラベンダーやローズが好みだった子供に、今の自分にフィットする精油はどれかしらとあらためて選んでもらったところ、ローズマリーや柑橘系の精油を選んでいました。アロマテラピーの力はあらためて不思議なものだなと感心します。



精油でリフレッシュしたところで、皆様は今年の目標や達成したい事柄はお決まりでしょうか?


私はというと、
①「1年間洋服を買わずに暮らしてみる」
ことにしました。



下着や靴下は消耗品なので別として、新たな洋服を1年間買わずに過ごしてみることで手持ちの洋服の必要性を見直したり、ワンパターンになりがちなコーディネイトにもっと工夫をこらすきっかけにしてみようと考えたからです。昨年洋服をたくさん処分して以降、90日間服を買わずに過ごすことができたので今年はさらに1年、良い習慣は継続してみることに。
ついつい洋服を買ってしまいたくなる時の自分の傾向を分析すると、気分転換に買い物に出かけたときや、仕事やプライベートで疲れが蓄積したとき、現状の自分に変化をもたらしたいとき、上手くいかないことが続いたときの現状打破のためなど、本来洋服を選ぶ目的があったわけではないのに漠然とした憂さ晴らしや気分転換を兼ねて出かけてしまうことで、つい目に入った買う予定のなかった素敵なお洋服を買う事で気持ちをリフレッシュしているに過ぎないことに気付かされたのです。これではコーディネイトしづらい行き当たりばったりなお洋服が増えてしまうはず。
自分の気に入った良質なものをきちんと手入れして永く使うことを意識して今年は暮らしたいと思います。
そこで強い見方になってくれるお店がこちら
株式会社京都紋付さん



気に入って履きこんできたからこそ退色してしまった洋服や年齢とともに着づらくなった色合いの洋服を黒に染め直ししてくれるお店です。背が低く痩せ気味という体型の問題でなかなかしっくりくるデザインに巡り合えないことで似たような洋服を買ってしまうことがしばしばあった私にとっては色染めができることでまた新品同様の気持ちでさらにながきにわたって使い続けることが出来るありがたいサービスです。


②「1年間、雑誌やスタイルブックを買わずに暮らしてみる」



ファッション雑誌やスタイルブックを眺めているとプチプライスなお洋服を上手に着こなしている人を身近に感じて真似してみたくなり、既に持っている洋服と似た服を増やしてしまうことがたびたびあります。同時にファッション雑誌やスタイルブックが増えるのですから悪循環です。旅行雑誌や料理本も、活用しなければただのお飾りにしかなりません。そこで今年は雑誌やスタイルブックは買わないという項目も1年洋服を買わない目標に追加しています。とはいえ、ぼんやり眺める雑誌というのはときに女性の癒しになります。何もかも我慢すると辛くなりそうなので雑誌の代わりに素敵なInstagramを眺めたり、pinterestでお気に入りの画像をブックマークしておけば自分だけの大好きを集めたWebアルバムができるので(洋服のみならずインテリアや雑貨、フードスタイリング全てを含めて!)、好きなものが明確になりよりワクワクした時間を演出できますし我慢せず物も増えず、一石二鳥の快適さです。


③「文字と身体を美しく整えてみる」
気晴らしのための無駄な外出が減る予定の今年。空いた時間をどう有意義に過ごそうか昨年末から試しているのが「ペン字練習」と「開脚ストレッチ」。



どちらも続けてみると少しずつ変化が見えてきてやり甲斐をおぼえますし、文字と身体にゆっくり向き合い整えてみようと意識すると心も穏やかに変化していくのを感じます。文字もクセが強く体も硬いので長い時間をかけてコツコツ継続していこうと思っています。


④「手間のかかることを月に1度楽しんでみる」



忙しさにかまけてついつい家事や暮らしの所々で手を抜きがち。反省しつつも全てを丁寧に手間と時間をかけるというのは敷居が高いので、月に1度は楽しみながらじっくり手間暇かけて料理をしてたりパンやケーキを焼いたり隅々まで掃除をしたり、季節の手仕事をする時間を作るつもりです。月に1回だった習慣が少しずつ増えていくうち、丁寧な暮らしが当たり前になる、というのが理想です。




どの目標も仕事と休みのバランスを整えて、忙しくなりすぎず疲れをためない工夫をしてこそ実現することばかりです。一生懸命働くことと同じくらい自分の心と身体をいたわる時間を削りすぎないことが今年最も重要なタスクかもしれません。
休憩は大切。
皆様にとってもこの1年が健やかで素敵な年になりますように。

道廣 喜子Kiko Michihiro
「GOKAN」担当

<Salon LAKSHMI(サロン ラクシュミー)代表/料理家・美容家>
公的機関の医療者として精神科とNST分野に携わりながら、インファント(乳幼児)マッサージや世界各国の美容技術、アロマテラピー、美容食学、薬膳インストラクターといった美容と食にまつわる国際ライセンスを多数取得。
様々な知識を軸にサロン・スクールを立ち上げ独立する。
『生まれてから死を迎えるまで、医・美・食の調和がとれたサービスと知識の提供』をコンセプトに 広い世代に向けた香育・食育・触育の講演活動、専門学校にて解剖生理学・栄養学講師をつとめる。飲食店やイベントにおけるフードスタイリングやディレクション、空間デザインをてがけるほか、メディアにてレシピ提供やコラムの執筆もおこなう。
不定期開催されるワークショップは即時満席となる人気の企画となっている

[公式ブログ] http://ameblo.jp/lakshmi-aroma/?frm_id=v.jpameblo
[ホームページ] https://kikokitchen.amebaownd.com/

« 記事一覧へもどる
カテゴリ
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています