GOKAN -五感- 【2017.07.01】

日々の器と工夫のことと

日々の器と工夫のことと

実は少し前まではそれほど心惹かれなかったmina perhonen




40歳をこえて、暮らしにたいする視点が自分の中で少し変化してきたことに伴ってその世界観が近ごろ少しだけ気になります。




mina perhonenのデザイナー、皆川明さんが2014年に出版した「今日のまかない」という本を手にしたとき、素敵だなと思ったこともきっかけの一つ。
そこには、アトリエが忙しくなるコレクションシーズンに、著者が魚市場で働いていた経験をもとにスタッフ25人分程作るまかない料理をおさめた本です。料理もさることながら器使いや皆川さんのお気に入りのキッチン道具を垣間見ることができるので心惹かれます。
mina perhonenのプロダクトの中でも特にインテリアファブリックや食まわりのデザインに魅力を感じるのも作り手の持つ暮らしに対する丁寧さや食への関心が深く反映されているからかもしれません。私は本の中でも紹介されている、菅原硝子工芸の職人とのコラボで生まれたwhipグラスを愛用しています。




ガラスのもつ透明感と台座部分のナラ材の温かみが絶妙なバランスで、おしゃれなデザインなのに安心感があってほっこりした気分にさせてくれるからです。グラスとしても使えますし、前菜を盛る器としても重宝します。


話は少しズレてしまいますが、40歳を越えてから変化したことの中に、器への探究心も含まれています。


料理の仕事をしていく中で、はじめのころは国内外の作家さんに関する興味がことのほか薄く、もっぱら日本の骨董品にばかり目が向いていました。しかし金継ぎを習いはじめたことや現在ご活躍の作家さんと関わり、それらに造詣が深くセンスの良い友人知人との出会いがあったことで新古に関わらず素晴らしい器との出会いが多くもたらされています。それに伴い、国内外の窯や工房についても関心を持つようになりました。
素晴らしい作家さんの数だけ器があって、その作風を覚えるだけでも果てしないと最初のころは途方に暮れたものです。どこから手をつけていいか糸口がわからなかったので、長年学んでいる中国茶の道具を作っているギャラリーを中心に個展があるたびに器を手に取り、実際に使ってみることからはじめました。
つい先日購入したのは城進さんの蓋物。



フクオカタカヤさんのカップや



市川孝さんの茶道具、



大江憲一さんの中国茶器なども気に入っています。



画像はありませんが、安藤雅信さんの器も料理をより素晴らしいものに見せてくれる力強さと繊細さがあるので好んで使っています。


メモ魔なので自分なりに器に関する見解や知識を書き留めたものや写真のファイリングをマメにしていて、少しずつではありますがお金を貯めて手にする喜びや、心ときめく器を用いたときに感じる食卓の豊かさ、器を扱うときに生まれる丁寧な心、優しい気持ちに、ささやかな幸せを感じています。




話を戻してmina perhonenのこと。
代官山他、各お店も素敵だけど
金沢店ができてからは、古き良き古民家をmina流にリノベーションしたこの店舗の美しさに個人的には惹かれています。
なかなか大きな買い物はできませんが、私らしい暮らしに彩を添えるようなものの取り入れ方はしたい。
そこでmina perhonenの洋服を作る過程で出た端切れの詰め合わせを店舗で購入し、これらをパーツの一部に パッチワークをして自分だけの足袋を手作りしたり、テーブルマットやセンタークロスを作ったりしています。




この詰め合わせ、500円+消費税なんです!ときめいちゃいます。
100%mina perhonenではなく
フランスの蚤の市で買った端切れや、プラナカンの衣装などの端切れ、着物の端切れ。
少しずつ集めてきた、私感じる「好き」を組み合わせることで自分が心から美しいと思えるものを作ることが、わたし流。
買ったそのままで美しいものもあるけれど
ひと工夫して美しさを増すもの、作る時間や手間の過程、使い込んだ個々の歴史や経年変化がもたらす美しさに繋がることもよくあります。
私はそういうものに囲まれて生きていたいなと思うのです。



**********


<ご案内>


【薬膳タコライス販売中】
この時期の身体のメンテナンスに留意して商品開発をすすめてきました「薬膳タコライス」。ハピリン2階福福茶屋にて7/2までの期間限定で販売中です。


【フラワーゼリー講座開講】



先日画像のような体験ワークショップを開催しました。
皆様に楽しんでいただき、さらに参加者の方から御要望があり
フラワーゼリー認定講座を開講することになりました。
認定講師になると講座開講はもちろんこんなワークショップも開催できますね。
受講御希望の方はブログ内のお申し込みフォームからご連絡ください。
残席2名です。よろしくお願いします。


■日時
7月16日(日)
[タイムスケジュール]
10:00~12:00 レッスン①
12:00~12:30 休憩
12:30~14:30 レッスン②
(生徒様の作業進行具合により多少の変動があります。お時間に余裕を持ってお越しください。)


■料金について
講座料金 30,024円(税込)(内訳: 受講料23,600円+キット及びテキスト代6,424円)
発注の都合から7/6までにお振込ください。お申込み後に詳細のご連絡いたします。

■ 講座終了後に必要なもの
JLA
ジャパン・ライセンス・アカデミー認定登録料
5,400円(税込)協会年会費
3,888円(税込)(登録後1ヶ月程度で、協会より生徒様へ講師認定証をお送りします。)


こちらの講座詳細やレッスンポリシーを必ずお読みいただき、お申し込みください。
よろしくお願いします。

道廣 喜子Kiko Michihiro
「GOKAN」担当

<Salon LAKSHMI(サロン ラクシュミー)代表/料理家・美容家>
公的機関の医療者として精神科とNST分野に携わりながら、インファント(乳幼児)マッサージや世界各国の美容技術、アロマテラピー、美容食学、薬膳インストラクターといった美容と食にまつわる国際ライセンスを多数取得。
様々な知識を軸にサロン・スクールを立ち上げ独立する。
『生まれてから死を迎えるまで、医・美・食の調和がとれたサービスと知識の提供』をコンセプトに 広い世代に向けた香育・食育・触育の講演活動、専門学校にて解剖生理学・栄養学講師をつとめる。飲食店やイベントにおけるフードスタイリングやディレクション、空間デザインをてがけるほか、メディアにてレシピ提供やコラムの執筆もおこなう。
不定期開催されるワークショップは即時満席となる人気の企画となっている

[公式ブログ] http://ameblo.jp/lakshmi-aroma/?frm_id=v.jpameblo
[ホームページ] https://kikokitchen.amebaownd.com/

« 記事一覧へもどる
カテゴリ
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています