GOKAN -五感- 【2017.08.05】

夏の片付け

夏の片付け

ようやく梅雨明けした8月です。じめじめとした暑い日々が長く続きましたね。
雨と湿度のおかげか、小さな苗木から育てていたオリーブの木に初めて実がなりました。5年越しでしょうか。



植物にとっては恵みの雨や暖かさではあるものの、人にとっては体力気力を奪っていく厄介なものです。


この季節になると書庫にあるたくさんの本の中から選び出してくる一冊がこちら。



涼やかな色彩の表紙に惹かれて数年前購入した『TOUCHが考えるちょっと知的なバスタイム』は、六本木ヒルズにあるライフスタイルショップ「TOUCH」を展開する繊維製品製造卸小売業 内野株式会社が、お風呂に入る時間だけでなく、お風呂に入ってから眠りにつくまでの時間をバスタイムととらえ、香りや音楽など様々なアプローチから心と体とがくつろぐメカニズムについて考察し、まとめた本です。会社パンフレットだと揶揄する評価も稀にありますが、私はとてもユニークでしっかりした作りの本だと感じています。


近ごろは物欲はさほどなく、むしろ整理整頓に目が向いている私ですが一つ夢がありまして。
それは家にある古びたタオルやパジャマ、バスローブをTOUCHのスーパーマシュマロシリーズに入れかえること。
高価な品なので、すべてを入れかえることは無理かもしれませんが、
華やかなお洋服やきらびやかな装飾品を手にするよりも、日々使うものの快適さを大切にして暮らしていきたいな、それら一つ一つを吟味して取り入れていきたいなと感じ始めています。
ふわふわのバスタオルや寝具に囲まれる暮らしを想像してみると、仕事をしていても張り合いになります。
私の働く原動力がタオルやパジャマ、なんてお話しをしたら皆さんに驚かれてしまいますけどね。あ、美味しいお食事や旅のためにも頑張って働いております。




じめじめシーズンだからこそ不思議とやる気がでる家事、「掃除」。
昔から網戸は雨の日に掃除をして雨の当たる外においておけば掃除が楽とか
障子の張替えも雨の日がいいとか様々な知恵があります。
じめじめした床、じめじめしたシンク下、じめじめした地下貯蔵庫、じめじめした窓。
雨で憂鬱だからこそ、こういう場所がすっきりするだけでも気持ちは晴れるので、カビ防止を兼ねてせっせと拭き掃除と片付けをはじめます。




我が家の洗面所がこちら。築22年なのでおしゃれなデザインの家ではなくすっかり古びていますが御容赦くださいませ。


お風呂の横に洗面所を広くとっていることもあり、お風呂と洗面、洗濯がここで完結する動線になっています。タンスにはお風呂から上がってすぐに身につける類いの衣類、洗面台収納には水周り掃除用の洗剤や道具、洗濯用の洗剤、コンタクトレンズやメガネ、歯ブラシ、基礎化粧品、香水、ドライヤー、タオル、エプロン、トラベル用品一式、水枕、そして常備薬が収納されています。
リストアップすると数が多いように見えますが、すべて用途ごとに分類され、それぞれの棚に収納されているためすっきりとしています。




古い型の洗面台ですが現役でよく働いてくれています。
ストック品も含めてこの洗面台収納に集約されているので買い忘れも買いすぎもなく無駄がありません。



洗面台下の収納用品として、無印良品のファイルボックスと、使い古しの掃除用歯ブラシを立てるケースはニトリのものを使っています。
湿度がたかくカビに気をつけたい場所であることや視線が低い位置にある収納なので、あえてスペースにピタッとおさまるサイズではなく上部や側面に余白を持たせたサイズのファイルボックスを使っています。こうすることで通気性を良くする意味と、ファイルボックスをスライドしてもしなくても立ったままで物が取り出せる利点があります。




薬は処方された薬ごとに小さな袋に入れて、表に処方された日付、症状、家族の誰に処方されたかを記入しています。残薬管理が明確で、無駄がありません。また、新品の歯ブラシと歯磨き粉もここが定位置です。




メガネやサングラスは傷がつきやすく、また日々の使用頻度が高いので
ゆとりを持った収納にして取り出しやすくかつ片付けやすい工夫をしています。




夫も私も良い香りの香水が好きなのでいつの間にか種類が増えてしまいました。100円ショップの突っ張り棒と滑り止めテープ、香水がこぼれてしまっても匂いや汚れが綺麗に洗い流せるよう、ステンレストレーを組み合わせてデッドスペースなく収納できるようカスタムしています。




タオルは、手を拭くものは無地、顔を拭くものは柄付きとわけて必要枚数ずつ収納しています。使用している分や洗っているものは画像にありませんが、こまめに洗うので多めの各7枚ずつ用意しています。




スライド式の引き出しトレー部分にはメイク落としや綿棒、コンタクトケースの新品ストック、洗浄液の予備を置いています。綿棒を統一感のあるおしゃれな容器に移し替えて収納しているブロガーさんもいらっしゃいますが、私はふただけを外してあえてそのまま置いています。買うたびに容器を捨てることができて衛生的ですし、移しかえるという手間を省くことが整理整頓を継続させていく上でとても大切なポイントだと思うからです。見た目を綺麗にすることにばかり気を取られて収納グッズを増やしてみたはいいけれど、結局片付かないという経験がある方は
このポイントに目を向けて収納を考えてみると効果的です。




番外編ですが、我が家の洗濯を干す屋根付きのテラスは日当たりが良過ぎて、プラスチック製品はすぐに劣化してしまうのが悩みの種でした。そこで洗濯バサミやランドリーボールは、ニトリのステンレス製キッチンツール立てにホームセンターで買ったS字フックを引っ掛けて吊り下げて使っています。容器に穴があいているので通気性もよく、そして丈夫。
自分なりの工夫が上手くいくと、家事がグンと楽しくなります。




昔はゴミの分別という概念も今ほど細かくありませんでしたし、電化製品の廃棄にお金がかかる時代が来ることも想像していませんでした。これから何十年か先には もしかしたら普段出るゴミを捨てるにもお金がかかる時代が来るかもしれないと個人的には危惧しています。家を整理整頓しながら、収納用品は捨てるときにかさばるプラスチック製品が多いこともあり、見た目だけの美しさを求めて闇雲に買い求めたりせず必要最小限にとどめる工夫をしたり、捨てるときに困らない素材を探したり、できるなら私たち親が残していくものの処理で子供が困らないよう、今からの暮らしから見直していかなければいけないなと思っています。




.☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.。.



ホームページようやく公開となりました。


.☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.。.:*・°.☆.。.

道廣 喜子Kiko Michihiro
「GOKAN」担当

<Salon LAKSHMI(サロン ラクシュミー)代表/料理家・美容家>
公的機関の医療者として精神科とNST分野に携わりながら、インファント(乳幼児)マッサージや世界各国の美容技術、アロマテラピー、美容食学、薬膳インストラクターといった美容と食にまつわる国際ライセンスを多数取得。
様々な知識を軸にサロン・スクールを立ち上げ独立する。
『生まれてから死を迎えるまで、医・美・食の調和がとれたサービスと知識の提供』をコンセプトに 広い世代に向けた香育・食育・触育の講演活動、専門学校にて解剖生理学・栄養学講師をつとめる。飲食店やイベントにおけるフードスタイリングやディレクション、空間デザインをてがけるほか、メディアにてレシピ提供やコラムの執筆もおこなう。
不定期開催されるワークショップは即時満席となる人気の企画となっている

[公式ブログ] http://ameblo.jp/lakshmi-aroma/?frm_id=v.jpameblo
[ホームページ] https://kikokitchen.amebaownd.com/

« 記事一覧へもどる
カテゴリ
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています