マイライフ 【2017.01.05】

春のベジタブルガーデン

春のベジタブルガーデン

新年あけましておめでとうございます。

今年も1年、野菜や園芸を身近に感じていただけるような記事をお届けしたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。



さて、お野菜は、育てる楽しみ、食べる楽しみだけでなく、「眺める」楽しみというのもあります。

季節に合わせた花壇をデザインするように、花にも負けない鮮やかさを演出できるのが、ベジタブルガーデン。

葉の微妙な色合い、野菜の可憐な花、そして結実した鮮やかな実・・・

野菜たちも十分に美しく、私達の目を楽しませてくれます。



例えばイチゴの花。

大変可憐な白い花をつけます。


豆類も白や紫の大変美しい花をつけてくれます。



野菜の中には花(蕾)を食べる種類もありますね。

皆さんもよくご存じのカリフラワーやブロッコリー。

特にカリフラワーは様々な色や形の品種があります。

一般的な白、そしてオレンジ、紫。

大変鮮やかにベジタブルガーデンを彩ってくれることでしょう。



さらに、葉の色を楽しめる野菜の代表的なものにリーフレタスの仲間があります。


黄緑、緑、紫・・・

微妙な色合いがグラデーションになり、まるで絵画のような美しさを演出できます。


さらに、つる性の豆類は、こんなこともできちゃいます。


葉っぱのトンネル。

この写真はインゲンのつるをトンネルに仕立てた様子です。

小さいお子様がいらっしゃるご家庭ではくぐって楽しむこともできそうですね。




さて、このように、野菜の葉、花、そして実を眺めて楽しむ「ベジタブルガーデン」。

実際に春に向けて準備を始めてみませんか。


春のベジタブルガーデンにおススメのお野菜は

・イチゴ

・レタス類

・インゲンやエンドウなどの豆類

・ブロッコリーやカリフラワーなどの花野菜

・バジル、カモミールなどのハーブ類

・アーティチョーク

など。


野菜の成長途中の様子、花が咲いた時の様子、そして収穫が近くなった時の様子・・・。

それぞれを想像しながら配置をしてみましょう。

育てて楽しみ、眺めて楽しみ、そして最後には収穫して食べて楽しめる。

一石三鳥のベジタブルガーデン!

ワクワクが止まらない、ですよね!?



新年を迎えて、新しいことを始めてみたい気分の今、

ベジタブルガーデンにチャレンジしてみませんか?




福田 裕子
冨田 美和Miwa Tomita
コラム「マイライフ」担当

<ゆめいく株式会社/野菜ソムリエ>
大学・大学院にて健康科学、応用生理学を学ぶ。身体だけでなく心をも満たす「食」、人と人を繋ぐ力のある「食」の魅力を伝えるべく、結婚・出産後は野菜ソムリエとして食育活動や販促サポートを行う。
平成26年3月、夫のUターンをきっかけに福井に移住し、農業に興味を持つ。自らの農園を立ち上げるべく、現在修行中。



[公式ブログ] http://ameblo.jp//urbanmom
[ホームページ] http://yumeikufarm.wix.com/yumeiku

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています