マイライフ 【2017.02.27】

流行りに惑わされない!

流行りに惑わされない!

こんにちは、ファスティングインストラクターの太田由起子です。

春めいてきましたね!

心も体も元気で楽しくお過ごしですか?


さてさて、今日のタイトルは『流行りに惑わされない!』

一見腸活となんの関係が? そう思われる方もいらしゃるかもしれませんね。

じつは、関係大ありなんです。

腸活だけではなく、すべてに同じことが言えるでしょう。


最近のTV番組をみていると、あちこちで目にする、腸活・菌活

腸内環境が大事であることは、ご存じの方が多いと思います。

>>「腸は第2の脳!腸活とは?」

腸活と言えば 酵素ドリンク・ファスティグ・善玉菌・悪玉菌 などのキーワードがありますが、皆さん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。


「TVで話題!みんながやっている!」そう聞くとあなたは安心ですか?

今、確かにファスティングは人気です。

美容から医療、科学から医学まで、いろんなデーターや結果が出ています。

でも、TVで宣伝されているからとか、ネットで人気だからと言って、必ずしも良い酵素ドリンクである、ということではないことも知って頂きたいのです。


更に、もう一つ、ファスティングについて言うならば、すべてマニュアル通りにいかないことが多いということです。

私たちの体は一人ひとり違います。もちろんライフスタイルも。

ということは、皆さん同じマニュアルでは通らない、ということなのです。

必ず、経験、結果をだしている人から、情報を得るようにしていただきたいと思います。


ファスティングは『メスのいらない手術』と言われていますが、まさにその通り。

私もサポートに入らせて頂きながら、皆さんの改善、変化に本当に驚きや喜びをたくさん頂いていますので、腸活、ファスティングは素晴らしい!と大声で言えます。

ただ、私がお伝えしたいのは、『正しい情報、知識を持ちましょう』ということなのです。


あなたが、もし、何か体調不良で困っていることがあるならば。

あなたが、もし、今の自分に満足できないのならば。

あなたが、もし、この先の自分の人生をより豊かに充実して過ごしたいと願うならば。

あなたは、正しい情報を得るべきです。


今の自分は、今までの自分の生活が作り上げてきたもの

体質も、肌質も、考え方や意識も、今までの自分がそうさせているのです。

長年の生活習慣、思考習慣をすぐ変えれますか?

そう簡単に変えることはきっと難しいでしょう。

でしたら、自分のために、自分に合ったものを見つけるために、正しい情報を得てくださいということなのです。

何のために、何がどうなって、こうなる!ということを理解して取り組むと、効果は何倍にもなりますよ。


腸活・菌活・ファスティング は今後、文化になる!と言われています。

それは、今の食文化、医療、経済など全てが絡んでいるのです。

自分の体は自分で守る時代になりました。

あなたが正しい情報を得ることで、あなた自身はもちろん、あなたの大切なお子様、家族、お友達、恋人が守れるとしたら、何一つ無駄なことはないのだと私は思います。


腸活ライフやファスティングで美と健康のサポートしている私から・・・

「今、流行っているからファスティングをやる!」でもいいんです。

きっかけは何でもいいのですが、その時は、流行りに惑わされることなく、きちんと正しい知識、情報を結果を出している人から教えてもらいましょう!

それが、あなたが損をしないコツなのです。

あなたの毎日が輝きますように・・・。

福田 裕子
太田 由起子Yukiko Oota
コラム「マイライフ」担当

< エステ&ヒーリングサロン ANELA(アネラ)>
TBC(東京ビューティーセンター)13年勤務。その後独立し、エステ&ヒーリングサロン「ANELA(アネラ)」を設立。
エステセラピスト ・ファスティングインストラクター ・AEA上級認定エステティシャン ・AEA認定美容脱毛エステティシャン ・英国オーラソーマ社認定 プラクティショナー アドバンスコース終了・パーソナルプレゼンテ-ション スキルコース終了 ・エンジェルカードセラピストなど、様々な資格を習得。
「深く繋がっているカラダとココロ。本当の美とは、何か」自分の人生を生きることをテーマに、体の中から健康であること、一人一人がその人らしく輝く人生を生きることを提唱している。20年のエステティシャンの経験と実績、さらに酵素栄養学を学び、腸活を通したカラダの中からの健康、そして食に対する意識改革などのアドバイザーとしても活躍中。多くの女性から支持を得ている。私生活では3人の子供の母。

[公式ブログ] http://ameblo.jp/anela522/
[ホームページ] http://anela-hs.com/

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています