マイライフ 【2017.07.31】

体を整えて、美と健康!~思っているだけでは改善されませんよ

体を整えて、美と健康!~思っているだけでは改善されませんよ

こんにちは、ファスティングビューティーインストラクターの太田由起子です。

暑い夏がやってきましたね。


ここでちょっと気になるのが、『夏バテ』
『夏バテ(なつバテ)』とは夏の暑さによる自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状。

本来は秋口に体調を崩した際、夏に体力が弱った影響で体調を崩した。という意味だそうです。


人は、高温・多湿な状態では体温を一定に保とうとしてエネルギーを消費し、かなりの負担がかかります。

通常は負担に耐えることができますが、特に負担が強い場合や、長引いたりすると体に溜まった熱を外に出すことができなくなります。

原因として挙げられるものには、自律神経のバランスの乱れ。


冷房の無かった時代は猛暑による体力低下・食欲不振など、いわゆる「夏やせ」と呼ばれる症状が主であったのですが、空調設備が普及した現代では気温と湿度の急激な変化により自律神経のバランスが崩れることが多くなりました。

ストレスや冷房による冷え、睡眠不足なども原因となると言われています。


これだけでも、何となく良くないことは分かるのではないでしょうか。

今の自分の体から出されるSOSに気付いてくださいね。





ところで!みなさん「夏は痩せやすい」と思っていたりしませんか?

じつは夏の過ごし方によっては溜め込みやすい体を作ってしまいますよ。

さらに季節的にも、体のバランスを崩しやすく、自律神経も乱れやすいです。

乱れて良いことは起きないので、乱れないようにコントロールすることをおススメします。



現代は飽食の時代。美味しい物、便利な物、たくさんあります。

全てが悪いわけではないのです。

ただ、もし、今の自分に満足できていないなら、自分の体に不調を感じるなら、自分のためにチャレンジしていくことが大切なのではないでしょうか。

痩せたいけど、瘦せれない。花粉症、アレルギー、アトピー、肩こり、冷え、便秘、むくみetc

以前の私がそうでした。自分の体を作っているのは自分の行動です。

『よくなりたい!改善したい!』と思っているだけでは改善されませんね。

体を改善の方向にむけていかないと、どれだけ思っていても改善はされないです。


断食(ファスティング)が体にいいと言われるのは、内臓を休ませてあげることができるからです。

私たちも、24時間365日休みなしでお仕事したら疲れてしまいますよね。

食べることが悪いことではないんです。

ただ、食べ「過ぎ」が内臓に負担をかけてしまうということです。


そもそも、「Breakfast」(朝食)とは「fast(断食)」を「break(破る)」という意味です。

ですから、夜8時を過ぎたら翌日までは何も食べないなど、夜食べてから朝食べるまでの間、できるだけ胃を休ませてあげることが大切だと、「Breakfast」(朝食)という言葉は教えてくれていたのです。

※フャステイングは正しい指導のもとで行ってください。


5年後の自分は?10年後の自分は?

どのようにいたいですか?

『健康=美』

体の中から輝きましょう!

福田 裕子
太田 由起子Yukiko Oota
コラム「マイライフ」担当

< エステ&ヒーリングサロン ANELA(アネラ)>
TBC(東京ビューティーセンター)13年勤務。その後独立し、エステ&ヒーリングサロン「ANELA(アネラ)」を設立。
エステセラピスト ・ファスティングインストラクター ・AEA上級認定エステティシャン ・AEA認定美容脱毛エステティシャン ・英国オーラソーマ社認定 プラクティショナー アドバンスコース終了・パーソナルプレゼンテ-ション スキルコース終了 ・エンジェルカードセラピストなど、様々な資格を習得。
「深く繋がっているカラダとココロ。本当の美とは、何か」自分の人生を生きることをテーマに、体の中から健康であること、一人一人がその人らしく輝く人生を生きることを提唱している。20年のエステティシャンの経験と実績、さらに酵素栄養学を学び、腸活を通したカラダの中からの健康、そして食に対する意識改革などのアドバイザーとしても活躍中。多くの女性から支持を得ている。私生活では3人の子供の母。

[公式ブログ] http://ameblo.jp/anela522/
[ホームページ] http://anela-hs.com/

« 記事一覧へもどる
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています