マイライフ 【2017.09.25】

脳はすごいが、腸はもっとすごい!

脳はすごいが、腸はもっとすごい!

9月になり秋めいてきましたね。

ファスティングビューティインストラクターの太田由起子です。


今、流行り(?)の腸活。流行りだからやってみる?

そうではなく、情報が溢れる世の中。何を選択するのかが重要なのです。

巷では常に、〇〇がいい!とか、〇〇は効かない!などと話題になります。

でも、忘れてはいけない大事なこと。

それは、一番すごいのは「人間のカラダ」だということです。


実は、感情をコントロールしているのもカラダです。

私たちのカラダは、自分で治す力をもっているのです。

どれだけサポート出来て、そこに仕向けられるかが重要なのです。


「腸は第2の脳」ということばを聞いた事がある方も多いと思います。

なぜ腸がそのように言われているのかをお伝えします。



「腸は第2の脳」と言われている理由


1. 脳の監視がなくても機能できる唯一の臓器

腸は権威に抗するレジスタンスのように、脳からの信号を待つことなく消化という重要な機能を果たすことができる。こうした芸当は、他の臓器はもちろん、あの力強い心臓でさえできないことだ。


2. 1億個もの脳細胞が存在する

腸が自分で判断できるのも驚くにはあたらない。食道から肛門まで続く9mの腸には、無数の脳細胞が存在するのだから。このニューロンの数は脊髄や末梢神経系よりも多いのだ。


3. 腸は独自の神経系を持つ

腸の神経系は、消化や排泄を司る絶対者として君臨しており、それ自体であらゆる機能を遂行する。科学者の中には、ここを中枢神経系の一部とみなす者や、その本体であるとみなす者もいる。"実行"刺激がくると、脳からの司令なく腸にキューを出すよう進化したようにも見える。これは無力な新生児の脳を考えると特に妥当に思えてくる。

4. 腸が脳に感情のサインを送る

腸には迷走神経という、大きくて、厄介な神経が埋め込まれている。研究では、その繊維の最大90パーセントまでが腸から脳へと情報を運んでいることが明らかとなっている。言い換えると、脳は腸からの信号を感情として解釈しているのだ。だから、あなたは心から腸を信頼するべきだ。


5. 胃腸障害は腸の"精神疾患"とも言えるかもしれない

抗鬱剤として身体の調子を整える素晴らしい気分物質セロトニンだが、およそ95パーセントが腸の中で見ることができる。ということは、食事や薬、抗生物質が人の気分をめちゃくちゃにしてもちっとも不思議ではないということだ。


6. 健康な腸は骨を守る

セロトニンと腸の関係を調べた研究から、腸と骨との意外な関係までが浮き彫りにされた。マウスを使った実験で、腸からのセロトニン放出を抑制すると、骨粗しょう症の骨密度低下が抑えられたのだ。この発見は、骨粗しょう症の新薬研究につながった。

7. 自閉症と腸内細菌株の関係

十中八九と言ってもいいほど、自閉症の患者には、腸管壁浸漏症候群、過敏性腸症候群、有益な細菌株の不足といった、腸のバランス不全が見られる。マウスを使った実験の結果からは、腸内の細菌叢のバランスを取り戻すことは、自閉症の一部の行動障害に対する治療につながるようだ。ただし、これによって自閉症が"寛解"するわけではないことに注意しよう。


8. 何を食べたかで腸が気分に影響を与える

様々な食事をチューブを通して腸に与えた実験からは、被験者が何を"食べている"のか分かっていなくても、気分に影響を与えることが確認された。例えば、脂肪は、脳の天然の麻薬であるドーパミン放出の引き金となるようで、幸福感や喜びを増加させる。一方で、炭水化物は、幸せ神経伝達物質セロトニンの放出を刺激する。


9.腸に宿る免疫細胞が病気から守ってくれる

腸には脳細胞があるだけでなく、70パーセントという大量の免疫細胞も宿している。これは腸関連リンパ組織といい、外部からの侵入者を撃退するうえで大きな役割を果たす。
腸関連リンパ組織と腸内細菌叢(腸内には数兆もの細菌が生きており、まるで微生物の宇宙かのようだ)は、病気に打ち勝つために懸命になって働いてくれる。だからこそ、悪い細菌と一緒に有益な細菌まで殺してしまう抗生物質の使用には細心の注意が必要なのだ。


10. 脳と同じく麻薬中毒になる

腸内には、脳のものと同じ麻薬受容体がある。したがって、脳と同じく簡単に麻薬依存症になってしまううえ、その悪癖を絶つときにも大きな困難が伴う。

>>参照資料:カラパイヤ「腸は第2の脳。腸に関する10の豆知識」




腸って凄いですよね!

健康、美、感情が腸の状態で変わってきます。

体の中から整え、外からサポート。

体の中は7割、外側は2割。

高い美容液を一生懸命ぬるより、体の中を高めることで受け取る力もUP!美容液の効果も増すというわけです。

腸を元気に健康にすることこそ、まさに、トータルビューティー。

どうかあなたの日常が輝きますように。

福田 裕子
太田 由起子Yukiko Oota
コラム「マイライフ」担当

< エステ&ヒーリングサロン ANELA(アネラ)>
TBC(東京ビューティーセンター)13年勤務。その後独立し、エステ&ヒーリングサロン「ANELA(アネラ)」を設立。
エステセラピスト ・ファスティングインストラクター ・AEA上級認定エステティシャン ・AEA認定美容脱毛エステティシャン ・英国オーラソーマ社認定 プラクティショナー アドバンスコース終了・パーソナルプレゼンテ-ション スキルコース終了 ・エンジェルカードセラピストなど、様々な資格を習得。
「深く繋がっているカラダとココロ。本当の美とは、何か」自分の人生を生きることをテーマに、体の中から健康であること、一人一人がその人らしく輝く人生を生きることを提唱している。20年のエステティシャンの経験と実績、さらに酵素栄養学を学び、腸活を通したカラダの中からの健康、そして食に対する意識改革などのアドバイザーとしても活躍中。多くの女性から支持を得ている。私生活では3人の子供の母。

[公式ブログ] http://ameblo.jp/anela522/
[ホームページ] http://anela-hs.com/

« 記事一覧へもどる
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています