マイライフ 【2017.09.28】

秋の夜長は読書・・・もいいのですが、その前に

秋の夜長は読書・・・もいいのですが、その前に

夜になると虫の声が聞こえ、秋の訪れを感じるようになりました。
秋の夜長、どのように過ごしていますか?
「読書をする」という方も多いでしょうが、そんな方は本をたくさん持っていらっしゃいますよね?
かくゆう私も本が好きで家にはたくさんあります。(漫画、小説等ジャンルを問わず)
今月は本の整理について書いてみます。


あなたの本は本棚へきちんと収められていますか?


「本がたくさんあって、収まりきらない~(><)」
そんなことになっていませんか?

この問題解消の方法は2つ。

① 新しい本棚を増やして収める ⇒ スペースを本に合わせる

② 本を減らして現在あるものに収める ⇒ 本をスペースに合わせる

どちらかしか方法はありません。


私のおススメはやっぱりコチラ。

②本をスペースに合わせる 
です。

本をどんどん増やしていっても、無限にスペースがあるわけではありません。
それに今は「電子書籍」という手もありますよね。


私は、紙ベースのものと電子書籍を使い分けるようにしています。
「自分でかなり気に入っているようなもの、お気に入りになりそうなもの」は紙ベースの本で買っています。
やっぱり実際に手に取って「持っている」ということも含めて楽しみたいんですね。
逆に「ちょっと気になる、スキマ時間に読めそうなもの」は電子書籍で。

このように、自分の「本」に対しての考え方によって、読み方、持ち方を変えてみるのも良いのではないでしょうか。


でも現在あるものはどうしたらいいの?

それは洋服と同じように定期的にチェックが必要です。
こんな場合はやっぱり処分しましょう。

・今後仕事や勉強などで読み返す予定がない

・当時は興味があったジャンルの本⇒今は熱が冷めてしまって存在も忘れている
・表紙買いしたけど自分の好みではなかった
・どんどん改訂版が出て、情報としては古くなった
・定期的に発売される雑誌(気になった特集があったので買った)

近くの古本を引き取ってくれるお店や、宅配買取サービスも利用するのも便利です。

毎月大量の本が発売されているなか、自分のお気に入りの本と出会える確率は高くありません。
いつでも自分の本棚すっきりさせて、お気に入りを迎えたいものです。
(シリーズものにはまっちゃったら大変ですし)


おまけ:今更ですが・・・「図書館で借りて本を増やさない」という方法も、もちろんあります!最近ではいろいろな特集を企画して本を展示していたり、親子向けイベントもあったりしてオススメです。

福田 裕子
薮下 智子Tomoko Yabushita
コラム「マイライフ」担当

<ライフオーガナイザー/ファイナンシャルプランナー>
女子会セミナー「福井お片付け倶楽部」を主宰。自分に自信を持ってご機嫌な毎日をおくるヒントを提案している。おもに、少人数制(4~5人)でカフェなどを利用し、「お片付け」「マネー」「時間」等、各テーマに沿ってセミナーを開催。勉強だけではなく、仲間・友達作りの場としても人気がある。
夫両親と同居し、3人息子の子育てに奮闘中。ペットはオス猫3匹と、計7人と3匹の家族構成。目印はオレンジ色の車。自宅に田んぼもある。日本史大好きな歴女。

[公式ブログ] http://ameblo.jp/yabuchan1111/

« 記事一覧へもどる
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています