マイライフ 【2017.10.05】

採れたてが美味しいとは限らない野菜の話

採れたてが美味しいとは限らない野菜の話

朝晩すっかり涼しくなりました。

高く澄んだ空が気持ち良い季節です。


直売所に行くと、売り場に並ぶ顔ぶれがガラッと変わってきているのに気づきます。

夏野菜に代わり、秋の気配のするお野菜が登場してきています。


さて、今日は、野菜の鮮度は美味しさに直結しない場合がある、というお話。

もちろん、大抵のお野菜は採りたて新鮮が一番栄養価も高く美味しいのです。

ただし、でんぷん質の野菜は別。


でんぷん質の野菜、とは、例えばサツマイモ。




秋の味覚代表選手ですね。

初秋に収穫されるサツマイモは、貯蔵することででんぷんが糖に変わります。

ホクホクした食感から少しねっとりとした食感に変わるとともに、甘味がぐっと増すのです。



同じようにカボチャも貯蔵することで甘くなります。



カボチャが収穫されるのは夏ですが、冬至に食べる習わしがありますね。

何カ月も大事に保存されたカボチャは、でんぷんが糖に変わり、冬至の頃にはすっかり甘くなっているのです。



サツマイモ、カボチャの他、ジャガイモ、バナナ、洋ナシも同様、しばらく置いておくことで美味しさがUPします。



ただし

長期間の貯蔵には、それぞれの品目に適した環境があります。

ご自宅で保存される場合はしっかり調べて傷まないように気を付けてくださいね。



福田 裕子
冨田 美和Miwa Tomita
コラム「マイライフ」担当

<ゆめいく株式会社/野菜ソムリエ>
大学・大学院にて健康科学、応用生理学を学ぶ。身体だけでなく心をも満たす「食」、人と人を繋ぐ力のある「食」の魅力を伝えるべく、結婚・出産後は野菜ソムリエとして食育活動や販促サポートを行う。
平成26年3月、夫のUターンをきっかけに福井に移住し、農業に興味を持つ。自らの農園を立ち上げるべく、現在修行中。



[公式ブログ] http://ameblo.jp//urbanmom
[ホームページ] http://yumeikufarm.wix.com/yumeiku

« 記事一覧へもどる
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています