ふくいステキ女史 【2015.09.26】

株式会社サーブ 財務経理兼全店統括マネージャー/前澤 真由美さん

株式会社サーブ 財務経理兼全店統括マネージャー/前澤 真由美さん

【女性幹部だからこそ出来ることを】


杉下:前澤さんのお仕事について教えてください。

前澤:(株)サーブは医薬品・健康食品・化粧品等を扱うドラッグストアで、フェイスエステサロンも併設しています。それと、健康に良いものをお客様にご提供していきたいということで、弊社で作っているノニジュースには特に力を入れています。
私の仕事は主に経理や財務管理です。役職としては、統括マネージャーという立場にいますが、今までに店舗勤務の経験もあるので、人手が必要な時などは店舗の応援や手伝いをすることもあります。


杉下:ノニジュースは私も飲んだことありますが、なかなか強烈でしたよ。

前澤:そうですね。(笑)私も最初は正直「なんだこれは!?」と思いましたが、飲み慣れれば全然平気ですね。サーブでは、毎朝の朝礼時間に全員で飲むことになっているんですよ。ノニは一時流行になった時期がありましたよね。その時はもちろん売り上げも上がったんですが、流行が落ち着いた後も、ノニジュースはサーブにとって一番の売れ筋商品なんです。


杉下:ノニジュースを愛飲されている方が多いんですね。
前澤さんは現在、統括マネージャーという役職についていらっしゃいますが、それまではどのような経緯を過ごされたんですか。
前澤:入社して16年経ちました。はじめはパートでしたが、しばらくして店長という役職について仕事をすることになったんです。新しくエステ部門をつくることになった時は、今度はそちらの担当として自分自身もエステの勉強をして励みました。その後、経理・財務を任されるようになり現在に至ります。ですので、会社内の全ての仕事を一通り経験させていただきました。


杉下:サーブさんは、7月末に店舗をリニューアルオープンされたそうですね。

前澤:はい。2か所に分かれていた、本部・通販部・店舗を1か所に集約しました。以前より店舗の規模は小さくなりましたが、その分お客様お一人お一人と、じっくり接することが出来るようになりました。そうすることで、大型店にはない、サーブらしさを出していきたいと考えています。リニューアルオープンして2ヶ月、それらのことがお客様にも少しづつ伝わってきていることを実感しています。最近取り扱うようになった自然食品についても、お客様の方から教えて頂くこともあったりして、そういったやりとりも嬉しいですね。



杉下:なるほど。お客様とのコミュニケーションが取りやすくなったという事が、前澤さんのやりがいにもつながっているんですね。では、辛いと感じるのはどんな時でしょうか。

前澤:弊社の幹部の中で女性は私1人なので、女性の気持ちをなかなか理解してもらえない時ですね。家庭において、子どものこと親の介護のことなど、やはり女性に負担がかかってきますので、どうしても仕事を休んだり早退したりという様なことがでてきますよね。会社として対応はしていますが、男性と女性では考え方が違うので、同じ女性として私が女性スタッフを理解してあげたいという気持ちは強いです。
反対に、言いたくないことも、幹部として社員に言わなくてはいけないこともあります。これはどんな風に思われても、覚悟を決めて伝えるようにしています。いつか「あの時、前澤さんに言われて良かった」と思ってもらえたら、嬉しいですけどね。


杉下:女性幹部として難しい部分であると思うのですが、前澤さんは常に前向きに考えていらっしゃるところがステキです。
今度はご家族の事を教えていただけますか。
前澤:主人と3人の子ども、実母、愛犬です。長男は大阪の大学に通っていて1人暮らし、短大生の次女は自宅で同居、結婚した長女は今出産の為帰省してきています。


杉下:前澤さんにとって初孫さんですか。おめでとうございます。全くお孫さんがいるようには見えませんが。

前澤:ありがとうございます。孫は持って見ると分かりますが、とっても可愛いですよ~。夜中の授乳には一緒に目が覚めてしまうので、ちょっと寝不足気味です(笑)


杉下:子どもさんが小さい頃は、仕事と家庭の両立など大変ではありませんでしたか。

前澤:実母と同居ということもあって、家事は助けてもらっていました。昔は今よりも帰りが遅かったですし、私は仕事中心の生活だったように思います。うちの子どもたちは3人とも、習い事をしたことがありません。当時は送り迎えなどしてあげられなかったし、もしかしたら子どもに我慢させていたのかもしれません。それでも反抗期らしいことも全くなく、家族みんな仲は良かったですね。



杉下:日々心掛けていることはありますか。

前澤:女性スタッフが多いので、社長の考えも理解しつつ、自分が出来るところはフォローし、同姓としてみんなで協力しあえる環境を作ることですね。


杉下:最後に、働く女性にメッセージをお願いします。

前澤:仕事をしていると、家庭の事や自分の時間など、犠牲にすることもあると思います。でも私は、仕事を通じていろいろ勉強したこと、楽しいことが沢山あり、同年代の人達よりは、世の中を広く見ることが出来ていると思います。出来るだけ周りの人たちに協力してもらって、元気に働く女性でいましょう!



<後記>

インタビュー開始してすぐ、「飲んでみますか?」と前澤さんがノニジュースを用意してくれました。「原液タイプと飲みやすくなったフルーティータイプですよ」と言って2つのコップが...。久しぶりの強烈な香りを楽しみながら原液タイプをいただきました。フルーティータイプのものは本当に飲みやすくなっていましたので、こちらは皆さんにもおススメです。
前澤真由美さん、ありがとうございました。今後ますますのご活躍お祈り申し上げます。

Photo
前澤 真由美Mayumi Maezawa
財務経理兼全店統括マネージャー

平成11年6月に店舗部のパートとして入社。
その後社員となり、店舗店長、エステ部リーダーなどやりながら現在、経理・財務を任されている。


[ホームページ] http://www.32com.com/
[Facebook] https://www.facebook.com/sabaeserve

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています