今月のトーク 【2014.12.15】

【Vol.8|後編】アーチザン&パートナーズ代表 景山 直恵さん

お待たせしました☆アーチザン&パートナーズ代表 景山 直恵さんをお迎えしている今月のトーク。
後編は、仕事ぶりも飲みっぷりも男前な景山さんの「今のビジネススタイルを確立するまで」のお話や、近況についてお伺いしました。

現在は、仕事もプライベートも無理のないペースで保てているという景山さん。
プライベートでは二人の娘さんのお母さんでもあります。
今のスタイルを確立するまでは、仕事と育児の両立でいっぱいいっぱい。
自分のペースをコントロールするどころではなかったそう。
デザイナーとして独立するきっかけも交えて、当時のお話(00:20頃)を伺うことに…。
独立するきっかけはそれですか!?ってところもまた、景山さんらしいのかもしれません(笑)


単発のデザイン制作から、長期のデザインコンサルへ
依頼される案件を引き受けるうちに、仕事の幅も広がり、多忙を極める毎日。
そんな中、2人目の娘さんを出産。子育てと仕事の両立も今まで通りのやり方では続かないと判断し、現在のスタイルへとシフトしていきます。(03:00〜06:52頃まで)
ご自身のライフスタイルに合わせて、仕事のカタチも変えてこられたわけです。
その当時、デザインコンサルタントという職業は馴染みがなく、コンサルタント料という対価をいただくことは容易いことではなかったことを考えると、なかなか男前な選択だったのではないでしょうか。


40代後半。心と体のバランスを整える「コツ」
人生のターニングポイントでも、無理のない自然体で決断されてきた印象の景山さんですが、どんな視点で仕事や自分自身に向き合っているんでしょうか。
年齢や外的要因に振り回されることなく、自分のペースで変化しつづけるコツはどうやら「コンセプトメイキング=自分軸をもつこと」にあるようです。詳しくは動画をご覧になってくださいね。(07:20〜08:39頃まで)


ママが30数年ぶりにお受験!?
今年10月に見事「大学院工学研究科」に合格され、来春から晴れて大学院生!
受験までの約3ヶ月間、普段通り出張、仕事、家事、子育てをこなしつつ、昼の空いた時間に老眼鏡(もちろんペーパーグラス)をかけて辞書を片手に問題集と格闘されていたとお聴きし、私たちも興味津々!


え!なぜ今、大学受験なの?
仕事と家庭を持ちながら、どうやって受験勉強したの?などなど、たっぷりお聴きしましたよ〜
========================================
09:54〜 なぜ今、大学院生を目指したのか
12:09〜 仕事も子育てもしながら受験勉強を。
15:30〜 大学でどんなことを研究したい?
17:31〜 今後の仕事・子育て・学業のバランス
========================================


ここまでお話を伺ってきて、いつでもどんなときでも自然体で飾らない、その瞬間瞬間をほんとに愉しんでいる等身大の景山さんに、その場のスタッフみんながつられて大笑いしたり、楽しんだり。
男性にも女性にもファンが多いのもうなづける気がしました。

最後に、そんな景山さんから福井でがんばってる女性にメッセージをいただきましたよ♪(18:26頃)
今回もゆるりとお楽しみください。

対談者 
景山 直恵Naoe Kageyama
Artisan and partners【アーチザン&パートナーズ】代表

地元福井を拠点に、クライアントとエンドユーザーの中間に立ち、既存する物やこれから造られる物、事の現状分析、問題提起、そして解決までを基礎から組み立て、いかに効果的にアピールするかをデザインという切り口から提案している。
1992年8月、長女の出産を期にデザイン事務所設立。近年では、デザインワークだけでなく、コンサルティングやセミナー講師など幅広く活躍している。対象となる商品や企業の本質を見極め、表現しきれていない価値や長所をカタチにしてくれると定評がある。

[Facebook] https://www.facebook.com/artisan.and.partners

« 記事一覧へもどる
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています