ボディ&ヘルス 【2018.03.17】

キャリアアップを目指す好感度メイク

キャリアアップを目指す好感度メイク

こんにちは。
ようやく春を感じる季節になりましたね。
この時期は、ご家族も含め、転勤や進学など環境が変わる方も多いのではないでしょうか?

お仕事でも、職場での移動があったり新しいことに挑戦したりと、心機一転しやすい時期です。
今回は、そんな仕事でのキャリアアップを目指す方向けに、好感度アップメイクについてお話しします。

ちなみに、「好感度アップ」と言っても、良い印象を与えたい相手によって目指すメイクの方向性は様々です。
今回の場合は、仕事において関係する方たちに向けて良い印象を与えたいので、イメージ的には『スッキリ清々しい好印象メイク』です。


自然にまとまりのある前髪と眉



眉は顔の額縁ともいわれる通り、表情を印象付ける大切なパーツです。
…薄いと顔の印象も薄くなりがちです。濃すぎると威圧感がでてしまうので、髪色よりもワントーン明るめにするくらいがちょうどいいです。毛の色が濃い方は眉マスカラを使って調整できます。
太さ…細いのは、実際より老けて見られることがあります。逆に太い眉は幼く見られたり、最近だとトレンド感が強くなるので仕事向きではないかもしれません。目安としては黒目縦幅の3分の2ほどの太さがちょうどいいです。
…どちらかと言えば直線的なラインで描くと誠実さが伝わりやすくおススメです。眉山はきちんと作ります。
スッキリまとまった前髪…前髪は、横に流れるほどの長さがある場合は眉が見えるようにスッキリまとめます。アイロンやマジックカーラーを使ってクセ付けして、スプレーなどでキープします。スプレーは、上からかけるより髪の内側に多めにかけた方が自然なまとまり感が出ます。


さりげなく女性らしい目元



メイクをして仕事場に臨むのは女性の特権ですので、女性としての美しさも目元でアピールしましょう。

ただ、色気だけを意識してしまうのはNGですよ。

アイシャドウのお勧め色は、明るい印象を与えるベージュ系のピンクや、クールさを出したいときはネイビーなどがアピール力が強いです。

ブラウン系は無難ですが、暗い印象になりがちです。
まつ毛は、しっかりカールさせて上昇志向をアピールしましょう。

横顔の美しさも好感度を上げるポイントなので、まつ毛がスッと軽やかなカールを描いていると、惚れ惚れしますよね。
アイラインは単独でのアピールというよりは、アイシャドウとのバランスをとる程度の自然な引き方をする方が悪目立ちしません。

アイライナーといえばリキッドのイメージが強い方が多いかもしれませんが、ペンシルアイライナーを使って仕上げるのも自然に目元が引き締まるのでお勧めです。


出しゃばらず、さりげないチークの存在感


ビジネス向きのメイクの中では、チークは必要不可欠な超わき役です。

主役にしちゃうとちょっとコメディ感が出てしまうので不向きですが、なくてはならない存在なのです。
肌色から極端に違和感の出ないなじみよい色を選びます。ふんわり自然に色を出すには付けるときのブラシも大事になってきます。付属の小さいブラシよりも柔らかい毛質の単独のブラシを使う方が断然おススメです。
入れる範囲も、顔型によってさまざまなので、ご自分のベストなチークゾーンを知ることも大切です。


口角の上がった口元



話す相手にしっかり見られる口元。

カサつきやくすみがあると、直接的な印象は残らなくても顔全体の印象として暗い印象として残る可能性もあります。

常に潤いを保ち笑顔を意識した口元を作って、また話したくなる印象を残しましょう。

オレンジ系、ピンク系、レッド系、ローズ系など何本か試してみて、なかでもパッと顔色が明るく見える鉄板カラーを見つけると良いでしょう。



職場でのメイクは、自分の好みかどうかということよりも、相手からどう見られるかを強く意識して、キャリアアップの糧となるようにチャレンジしてみてくださいね。

福田 裕子
中島 真子Mako Nakashima
コラム「ボディ&ヘルス」担当

<メイクアップアーティスト(JMA認定講師)>
子供の頃から、ファッションや美容に興味があり、将来の夢は「アパレルの仕事をしたい」。
短大卒業後、念願の洋服店で販売員とし勤務。海外出張も経験するが会社が倒産し、縁あって不動産会社で働きはじめる。宅建免許取得。
しかし美容業界への思いが捨てきれず、会社勤めをしながら夜間のメイクスクールに通いはじめる。その後、会社を辞めフリーランスのメイクアップアーティストとなる。
美容師免許を取得し、現在は様々な撮影やブライダルなどのヘアメイク業、メイクアップ講師、着付師など活動中。
その他、個人サロン「cooma」にて、プロ向けメイクスクール、一般向けメイクレッスンなどを行う。最近ではコスメ好きが高じて、自らアイシャドウやリップ、チークなど、カラーコスメを中心に手作りするようになり、県内外で手作りコスメのワークショップを開催中。

[ホームページ] http://coomako.wix.com/cooma

« 記事一覧へもどる
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています