キャリア&スキル 【2018.02.02】

節分と立春

節分と立春

雪に埋もれた一月でしたね。皆さんお風邪など召されていませんか?

立ち居振る舞い講師の八代祐理子です。


明日は節分ですね。

節分を過ぎると、雪も穏やかになってきます。

節分が終わると、「乗り越えた」という気持ちになるのは私だけではないと思います。

節分とは、本来季節の節目のことですので1年に4回あるのですが、立春の前の節分は、旧暦の新年前夜、つまり大晦日にあたりますので、特に大切にされました。

というわけで、節分と言えば2月3日を指すようになりました。


節分は、豆まきをするのが習わしですが、「魔の目」を「滅する」という意味合いがあります。

豆まきをして、邪気祓いをして、新年を迎えます。

そして、2月4日は「立春」。

「春の気立つを以ってなり」と「暦便覧」にありますように、春の気が立ち上がり、旧暦では、ここから年初になります。

日本では、1月1日を元旦としてお祝いしますが、中華圏や韓国などでは、今もなお旧暦の通り新年をお祝いしています。

家族が集まったり、お餅を頂く、お年玉など、本当に似ていますね。

旧暦も少し意識しながら生活すると、また違う発見があると思います。





立春からは春。

まだまだ寒い日が続きますが、少しづつ春色の装いを意識していきたいですね。

バレンタインももうすぐ。

皆さんにとって、ハートもあったかな春となりますように。

福田 裕子
八代 祐理子Yuriko Yatusiro
コラム「キャリア&スキル」担当

<立ち居振る舞い/マナー講師>
女将であった祖母、働く女性達の姿、また良妻賢母である母の姿、バレエなどの美しい先生や先輩の姿など、女性の多面的な魅力を肌で学びながら育つ。
幼少よりクラシックバレエ、ピアノ、茶道華道、フラワーアレンジメント、テーブルアレンジメントなど学び、ブリザードフラワー講師資格を取得。
英文科卒業後、テレビ局に勤務。退職後、留学を経験。その後結婚し2児の母となる。
2011年マナー講師、立ち居振る舞い講師資格取得。2013年テーブルマナー講師資格取得。
自分を愛するように、隣人を愛する人、知性と品性が磨かれた美しい人を目標に掲げ、個人の魅力を引き出していく講座は、堅苦しくなく むしろ解放感を味わえる楽しいレッスンと評判。


[公式ブログ] http://ameblo.jp/yuriko-grace

« 記事一覧へもどる
過去の記事
メールマガジン登録 スタッフ紹介 スタッフブログ
「仕事に家庭にがんばる女性」を応援しています