【UberEats】ブースト・クエスト・ピーク料金|仕組みと活用のコツ<2020年 最新版>

UberEats「ブースト」の仕組み

ブーストとは

指定の時間・エリアで配達を完了させると、通常配達報酬が1.1倍〜1.2倍になるインセンティブ(ボーナス)制度のことです。

注意

  • 配達先が対象エリアでも、お店がエリア外なら適用されません。
  • 配達先がエリア外でも、お店がエリア内なら適用されます。
  • 自分が対象エリアにいて依頼を受けても、お店がエリア外なら適応されません。
  • ブーストの対象時間は、【飲食店が配達パートナーに最初に配達をリクエストした時間】が基準になる。

UberEats「クエスト」の仕組みと種類・選び方のコツ

UberEats「クエスト」とは?仕組みを解説

クエストとは

指定された時間内に指定された配達回数を達成すると、追加の報酬を得ることができるインセンティブ(ボーナス)制度のことです。

UberEatsは、クエストを上手く使って、稼働する配達員を増やすことで、配達員が不足しないようにしています。

配達パートナーにとっても、収入(時給)を上げることができるのでWIN-WINな制度ですね♪

クエストの種類と条件一覧(タイミング・頻度・期間)

クエストって毎日あるものなの?いつからいつまで有効なんですか?

ウーバーイーツで配達条件に伴い報酬がもらえるクエストには、3種類あります。

クエストの種類

  1. 日跨ぎ(ひまたぎ)クエスト
  2. 週末クエスト
  3. 悪天候クエスト

日跨ぎ(ひまたぎ)クエストは数日間の条件達成でもらえるインセンティブです。

週末クエストと悪天候クエストは、1日単位で行うインセンティブです。

①日跨ぎ(ひまたぎ)クエスト

日跨ぎクエストは、クエストの中でも基本のインセンティブで、指定された期間中に、指定された配達件数を達成すると報酬が加算される仕組みになっています。

  1. 【月曜日~木曜日】までのクエスト
  2. 【金曜日~日曜日】までのクエスト

2020年4月からは、自分で達成条件を選択できる、【選択オプション制】が導入されました。

下の画像は、週末の金曜日~月曜の4時まで(実質は、日曜日まで)のクエストで、オプションはクエストが始まる前日の木曜日の0時までに選択することになっています。

レベル別に難易度が決められていますが、難しい条件を達成するほど、配達1回あたりに貰える報酬額が増加します。

注意

  1. 登録している地域内のみでの配達が対象になります。
  2. 締切日までに選択しなかった場合は、一番下の条件が自動選択されます。
  3. オプションの条件や料金は、地域ごとに差があります。

②週末クエスト

週末クエストは、土日・祝日限定で出現するインセンティブです。

必ず毎週発生するわけではなく、注文が多くなり、配達員が不足すると予想される期間に設定されるケースが多いです。

具体的には、夏休みなどの繁忙期などです。

1日ごとに達成条件が設定されており、地域によっても条件が異なります。

③悪天候クエスト

雨の日や雪の日などの悪天候時は、配達員が不足するため、指定時間内に規定の配達件数をクリアすると、インセンティブが発生します。

悪天候クエストは、クエストが始まる2時間ほど前に、メールでも通知が来ます。

クエスト達成のコツと選び方

初心者の頃は、達成が厳しい条件も多いため、安いオプションを選択しましょう。

無理をして、達成できないオプションを選ぶのはNGです。

クエストの確認方法|表示されないときは

アプリのどこを探しても「クエスト」が見つからないんだけど、どうやって確認するの?

クエスト条件の見方ですが、配達員専用アプリ【Uber Driver】を使って、確認することがきます。

  1. 右下の「=(三本線)」を押す
  2. 「今後のプロモーション」を押す

日にちが変わって条件期間が終了すると、表示されていたクエストが消えます。

なくなったクエストを再度確認することはできません。

人によって条件は違う?個人差はあるのか

お住いの地域がどこかによって、クエストの発生条件は異なります。

また、2020年4月に、オプションの選択性が導入されるまでは、同じ地域の配達員でも、クエストの配達条件や報酬額が、人によって異なっていました。

しかし、2020年6月現在では、個人差はありません。

過去には、300回の配達を終えると、大型クエストが頻繁に出現するようなこともありましたが、現在は1回しか配達してない人も、500回配達してる人でも表示されるオプションは同じです。

クエストを達成したのに、反映されないときは

クエストを達成したはずなのに、アプリ上でカウントされてない!どうして?

クエストのカウントには、2つの注意点があります。

注意

  1. クエストが適用されるのは、登録都市のみだけです。登録都市以外で配達した場合は、クエストの配達件数に反映されません。
  2. クエストの対象時間は、【飲食店が配達パートナーに最初に配達をリクエストした時間】が基準になります。

他の配達パートナーが依頼を拒否して、自分に回って来た時間が、クエストの対象時間外だったら、ダメってことなんですよね。

倍率インセンティブが始まる直前の配達依頼を拒否する人が多いので、よく起こります。

バグや不具合が疑われる場合は、「報酬に加算されない」「支払いが発生していない」とパートナーセンターに問い合わせましょう。

UberEats「ピーク料金」の仕組み

2019年12月より、導入が開始された「ピーク料金」の仕組みについて解説します。

ピーク料金とは

需要が高い時間に、需要が高いエリアで配達した場合にもらえるインセンテイブ(ボーナス)制度のこと。

マップ上に、ボーナス額とともに赤色で表示されることから、通称「シミ」と呼ばれている。

リクエストを受けた位置がシミのエリアだった場合と、レストランの位置がシミのエリアだった場合のどちらでも適応される。

一部の都市でのみ適用される。

注意

  • ブーストとは異なり、メールや SMS によるピーク料金の事前通知は行われない。
  • リアルタイムで細かく変動する。
  • リクエストを受けた位置と、レストランの位置の高い方のどちらか一方ののピーク料金が適用される
  • 配達中はピークの赤い色は見えない

UberEats「収入保障インセンテイブ」が発生することも

過去には、「収入保障インセンテイブ(オンライン時間インセンティブ)」があった時期(2018年頃)があります。

現在は無くなっていることを考えると、あまり効果がなかったのかもしれませんね。

収入保障インセンティブとは

オンライン待機したのに、配達依頼がなくても報酬が支払われる制度。

地蔵しても1件も配達が入らない!なんて事があっても、お金がもらえるなんて夢のようなインセンテイブ!

でも、オンライン状態にして、配達リクエストを断ってサボってもお金がもらえた制度なの?

サボっている人でも保証を払うわけにはいかないので、当時は以下のような条件が定められていました。

オンライン保証を受ける条件

  • 配達依頼のうち、50%は配達しなければならない
  • 原則対象エリア内で待機していること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!