【ウーバーイーツ】鳴らない理由と対策!地蔵は効果ある?おすすめの待機場所

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員(配達パートナー)になったものの、『全然スマホが鳴らない!』『リクエストが3時間に1件しかなくて稼げない』なんて悲鳴をあげている人が多いようです。

本記事では、ウーバーイーツでの配達の仕事が取れない、注文が鳴らない理由対策、地蔵の効果について、解説していきます。

【ウーバーイーツ】リクエストが鳴らない理由・原因

たくさん注文が鳴る人と、全然鳴らない人がいるけど、その違いは何なのでしょうか?

UberEatsの配車システムは、AIで自動に注文者と配達員をマッチングするようになっています。

機械が自動で配車しているからこそ、そのアルゴリズム(仕組み)から反する行動を取っていると、必然的にリクエストが鳴らなくなってしまいます。

具体的には、次のような理由や原因で、配達リクエストが来ないケースがあります。

稼働時間が短いから

ツイッターやブログなどで、UberEatsの時給単価を上げて、効率的に稼いでいる人の発信を見ると、注文リクエストがどんどん入ってくる「裏技的なテクニック」があるようにも見えてしまいます。

実際に、注文リクエストが入りやすくするテクニックはありますが、1つこれをやれば、見違えるようにバンバン鳴るようになるものではなく、複合的に色んな要素を組み合わせる必要があります。

そして、初めのうちは、ある程度の稼働が必要です。稼いでいる人も初めは、1日10時間以上は稼働するなどの努力をしています。

もし、自分が配車する立場なら、1日1時間しか稼働しない人よりも、3時間以上を安定的に稼働してくれてる人に優遇しちゃうな~。

バイトでも頑張って多く出勤してくれる人が、時給が上がりやすいのに似ているかもしれませんね!最初からラクをして稼げると思ってました(反省)

注文者からの評価が低いから

これは極端なケースですが、注文者からの評価が低かったり、クレームが多いと、UberEatsのサービスとしての評価にも関わることなので、そのような人へのリクエストも必然的に少なくなってしまう可能性があります。

なんでも他者からの評価は、大切なんですね!

応答率が低いから(配車リクエストを断りすぎ)

UberEatsからのリクエストは、引き受けるかどうかを配達ドライバーが自由に選択することができます。

しかし、いつも稼働しているのに、「このお店は行きたくないな・・・」と配達を拒否していると、リクエストが入りづらくなる可能性があります。

例えるなら、いつ遊びに誘っても断ってくるような人に、何度も遊びに誘おうとは思わないのと同じですね。

さらに、UberEatsとしては注文を受けてから、誰が配達するかを少しでも早く確定させて、マッチングしたいと考えているはずです。

つまり、断られる可能性がある人に、配車リクエストを出すより、確実に引き受けてくれる人のリクエストを出す方が、マッチングにかかる時間ロスが少ないと考えるのではないでしょうか。

以上のことから、応答率が高い人に頼む方が確実ですよね。

コロナの影響で配達パートナーが急増したから

コロナの影響でバイト先での仕事がなくなったり、自粛する人が増えたので、配達ドライバーは、飽和状態です。

UberEatsの開始当初は、配達ドライバーがまだ少なかったこともあり、かなり多くのリクエストが入っていたようです。

全国的にも、入学・引っ越しシーズンの【春】と、季節的に過ごしやすくなる【秋】に、配達ドライバーが激増すると言われています。

ただ、それらは一時的なもので、すぐに辞める人も多いので、粘り強く継続することで、リクエストも入りやすくなると思います。

リクエストが入りづらい日に、諦めるのが早いから

UberEatsは、その日の売上や走行距離に、配達ドライバー間で大きな差が出ないように、AIが調整をかけていると言われています。

具体的には、配達員Aが鳴りがよく、もう片方の配達員Bの鳴りが悪くても、途中で立場が逆転する事もしばしばあるということです。

そのため、お昼の時間は、配達員Aがたくさん鳴ったけど、夜からは配達員Bが多く鳴り始めて、1日終わってみると、2人の配達件数と売上に、あまり差がないという現象もあります。

鳴らないからといって、そのまま帰ってしまうのはもったいないんですね!

アプリの不具合

稀なケースですが、アプリが最新のものでないと、注文依頼が全く来ないというような事例があるようです。

UberEatsも「アプリは常に最新のバージョンにアップデート」することを公式に推奨しています。

また、不具合の可能性があるときは、ドライバー用アプリを再起動してみましょう。

【ウーバーイーツ】鳴らないときの対策

UberEatsは、「今日1日すごく頑張ったから、めちゃくちゃ鳴るようになる」というものではありません。

ウーバーイーツは自分の好きな時間だけ働けるバイトだからこそ、時間効率を上げて、時給単価を上げるには、工夫が必要だよ!

ここでは、ウーバーイーツでリクエストが鳴らないときの対策と対処法をご紹介していきます。

最初の1件を早くとる

Uber Eatsの注文は、日によって鳴りずらいときも、もちろんあります。

しかし、最初の1件目のリクエストを受けると、連鎖的に次の注文も来ることが多いです。

みんなが働かない曜日と時間を狙う

配達リクエストが一番多く入る時間帯はランチ(11AM – 2PM)からディナー(6PM – 9PM)のピーク時間となります。
また、雨が降っている日は配達の需要が増えます。

出典:Uber Eats公式ページ

UberEatsは公式に、【11時~14時】と【18時~21時】に注文が多いと発表しています。

また、仙台市内に限らず、ウーバーイーツでは月曜日と水曜日は、注文が少ないと言われています。

また、雨の日は「注文者」も外出したくないので、リクエストが増えたり、クエスト(条件達成によるインセンティブ)も発生しやすく、ライバルになる配達ドライバーも少ないので、狙い目です。

この情報を逆手にとれば、月曜日と水曜日はライバルの配達員が少ないってことも言えるわけですね!

自転車からバイクに変える

物理的に無理な人も多いかもしれませんが、自転車からバイクに配達方法を変えるのも有効です。

自転車の方が気軽に始められる分だけ、ライバルの配達ドライバーも多いですからね。

注意

自転車登録で、バイクを使うとアカウントBanされるので、切り替えるときは、車両の登録からきちんと行いましょうね!

情報収集する

UberEatsでは、鳴りやすいエリアがあるので、配達員のツイートをチェックしたり、街でUberEatsが多く走っているエリアがないか?足を使って情報収集しましょう。

鳴らないときは、お店の前で地蔵(ジッとする)という対策もありますが、その効果について次に説明します。

【ウーバーイーツ】地蔵の効果はある?おすすめの待機場所はどこ?

地蔵とは・・・

リクエストが鳴らないときに、加盟店のお店の周辺でジッと動かず待機する戦略のことです。

リクエストが鳴らないときには、注文が鳴りやすい「マック」の前などで、ジッとリクエストを待つ地蔵状態の人をよく見かけますが、効果はあるのでしょうか?

地蔵は効果あるの?

地蔵は効果があります!でも、待機する場所がめちゃくちゃ大事です!

UberEatsは、配達ドライバーの位置と注文が入った店舗、配達先の距離を計測して、AI(自動)でどのドライバーに配車するかを決めています。

なので、配達ドライバーである自分のGPSをどこに配置しておくかで、鳴りやすさは変わります。

あまりに地蔵で人が群がっていると、近所からのクレームでトラブルにもなっているので、場所には気を使ったほうが良いですね。

最新のGPSだと、誤差わずか数センチの精度で計測もできますが、UberEatsのGPSだとそこまでの精度はないと思うし、お店の目の前にジっとする必要はないと思います。

お店の目の前にUberの人がたくさんいると、店内に入りづらいです・・・。

おすすめの待機場所は?

自転車で「超人気店」の近くで待機しているのは、あまり効果がないと言われています。

地蔵している人が数名であれば、自分にもリクエストが入る可能性がありますが、たくさんの人がそこに地蔵しているということは、そこに居ても鳴っていない人がたくさんいるってことでもあります。

みんなが地蔵している場所で待つのは、行列できているラーメン屋の最後尾に並ぶようなものだよ。

そこで、人気店の目の前にいるのではなく、なたがいつも注文の入りやすいレストランがあるエリアで待機するのがオススメです。

まとめ:【ウーバーイーツ】鳴らない理由と対策!地蔵は効果ある?おすすめの待機場所

ウーバーイーツでリクエストが鳴らない理由と対処法について解説しましたが、夏シーズンに地蔵や待機しているときは、熱中症や日焼け対策が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です